ダイエット

藤本憲幸氏が平均寿命もたずに死去していた件

ヨガや想念術、記憶術といった分野で名前を知られているユーガピアの藤本憲幸氏が2016年5月5日に死去されていました。健康法やヨガ行法、断食の大家でしたが、享年69歳と平均寿命にも満たない早い死没でした。

スポンサードリンク

a0003_000851
死因は心筋梗塞とも急性心不全とも聞いていますが、定かではありません。

もともと、子供のころから非常に身体が弱く、医師からは20歳まで持たないだろう、といわれていましたが、ご自身でヨガをもとに編み出した健康法で人並み以上のパワーと健康で精力的な活動をおこなっていた藤本氏。

断食や玄米菜食は健康にはならない

彼のベースになるのは、ヨガ行法と食事法にあったのはいうまでもありません。食事は、玄米を中心としたマクロビオティックがメインで、1日に1食というパターンがほとんどでした。

そして、本断食も定期的におこなっていたとか。

1年に1度は、1ヶ月にも及ぶ本断食を実施して、宿便なるものを完全に腸から取り除いて病気知らずの健康体を維持しようとしていました。

(現代医学では宿便は認められていません)

「超長寿人になる」、「超人になる」といった本も執筆されていて、だいぶ以前に読んだことがありましたが、藤本氏の健康や長寿に対する並々ならぬ執念みたいなものが感じられて驚いたものです。

本では、100歳になったとき、読者の方と若さ比べをしたい、ただの長生きではなく、ぴんぴんと動ける若さを伴った長生きでなければまったく意味をなさない、といったことが書かれていました。

当時は、それらの本を読んでマクロビオティックや玄米菜食に傾倒したこともありました。

それらが、間違いであったことが分かり、私はマクロビや断食の類を一切やめて、藤本氏の著書を読むこともなくなりましたが、やはりこれらの健康法をおこなっている人は逆に短命であることが立証されてしまいましたね。

糖質制限や断糖、動物性たんぱくの重要性が分かっていれば、決してこんなことにはならなかったはずですが、それらの言葉もなかった時代ですから、仕方ないのかもしれません。

早く本当の食事法を知り、改めていればもっと長生きできたはずだということを思えば、残念でしかありません。

今となっては、藤本氏のご冥福を祈るばかりです。

関連記事

  1. ダイエット

    マンプクーで満腹に?

    マンプクー(Mampqoo)は、食事の前に摂っておくことで、自然に食事…

  2. ダイエット

    オルビスのプチシェイクダイエット

    以外に知られていないオルビスのプチシェイクダイエット。1食置き…

  3. ダイエット

    ボノラートは代用できるか?

    ボノラートを使ったダイエットですが、成功者もけっこういるようです。…

  4. ダイエット

    ホットヨガの効果

    ヨガにもたくさんの種類がありますが、最近はホットヨガのスタジオを目にす…

  5. ダイエット

    ビーアップの効果がかなりいい!いう話しが・・

    女性の方が胸を大きくするのであれば豊胸手術、バストアップブラといったも…

  6. ダイエット

    グローバルダイエットの効果

    グローバルダイエットとは、食事やサプリメントなどダイエットを総合的にサ…

  1. 糖質制限

    豆腐チゲの糖質は
  2. 糖質制限

    森永マクロビ派ブラウニーの糖質はどれぐらいなの?
  3. 美容

    二重まぶたの作り方
  4. 酵素

    ベルタ酵素を使っている有名人
  5. ダイエット

    寒天ゼリーダイエットの効果・方法
PAGE TOP