美容

塩レモンの作り方が簡単すぎて美味しいので、冷蔵庫に常備しておいていいレベル

塩レモンにハマっているという人が最近多いようです。もともと万能調味料として親しまれてきた塩レモンですが、朝イチで紹介されたのをきっかけにブレイクした様子です。簡単に作れて便利な万能選手です。

スポンサードリンク

image

塩レモンの作り方はいたって簡単

もともとは日本ではなく、北アフリカの地域でメインの調味料として使われているものです。日本でいうところの、味噌、醤油、梅干し、といったあたりになります。どこの家庭にもあるようにそれだけ親しまれているものです。

レモンの酸味、塩の辛さがこの2つを混ぜ合わせることで、それぞれのとがった味覚を打ち消して味がまろやかになるだけでなく、奥の深いうまみ成分が出てくるんだとか。

塩分が混じっているだけに保存性も高く、容器に入れて冷蔵庫に寝かせておくことで、長持ちもします。レモンのさっぱり度合が夏の食欲減退時には、食欲増進にもつながり、ビタミンc成分が冬場の風邪対策やカゼ予防にもつながります。

作り方もレモンスライスに天然塩をまぶすだけといたって簡単。塩とレモンの割合は、人によってまちまちですが、レモン10グラムにつき、塩1グラムが一番良い比率になります。

天塩まろやか塩レモン

image

作り方もいたって簡単で誰でも作れるようなものですが、㈱天塩から「まろやか塩レモン」が
販売されていました。レモンピールがいい感じで、細かく刻んだ状態で入っていて、蓋を開けるとレモンのさわやかな香りにつつまれます。

とにかく万能、何にでも合う

一番の長所は「どんな素材、あらゆる食事にも使える」ということでしょう。

いろんなものにつかってみましたが、合わなかった物ってまだ存在していません。何かあるのかもしれませんが、これだけ万能に使えるうえに、作り方もいたって簡単、その上長期保存も可能とあっては、作り置きして冷蔵庫に常備しておいてもいいでしょう。置いていて損はない、というぐらい便利なものです。

天塩まろやか塩レモンは100gあたり炭水化物が11g。調味料としてほんの少し食材につけるぐらいですから、糖質制限実践者が使っても大丈夫なレベルです。マヨネーズ、ドレッシングに比べるとこちらをおすすめします。

和洋中どれに使っても美味しくなるので、そういった意味では非常につぶしがきくというか、あると便利であることは間違いありません。

関連記事

  1. 美容

    ローソンのPB食品は添加物まみれ?

    ビジネスジャーナルに、「ローソンのPB食品は添加物まみれ? セ…

  2. 美容

    金の糸の効果と副作用とは

    金の糸は、ほぼ100%の純度の高い金の糸を皮膚内に入れる美容法です。…

  3. 美容

    電気凝固法

    「でんきぎょうこほう」と読むのですが、電気凝固法っていうと、なんだか仰…

  4. 美容

    ジェロビタールの口コミ

    ジェロビタールは、ルーマニアが国を挙げて取り組んでいるアンチエイジング…

  5. 美容

    美容整形の後遺症は深刻

    美容整形はすべて成功するとは限らないのです。当然失敗ということだっ…

  6. 美容

    メソセラピーの失敗と副作用の前に

    メソセラピーは、脂肪溶解注射を利用したダイエット美容法のひとつですがこ…

  1. アンチエイジング

    コラーゲンサプリメントの効果とは
  2. ダイエット

    ヨガダイエットの効果・方法
  3. ジュネスグローバル

    インスタントリーエイジレスがすごい
  4. ダイエット

    おからと豆乳のダイエット用クッキー
  5. 美容

    目の整形
PAGE TOP