ダイエット

フコイダンのダイエットでの効果・効能について

がん代替療法は数多くありますが、フコイダンほどその威力を認められたものはないでしょう。紅茶きのこからはじまり、サルノコシカケ、紫イペ、タヒボ、アガリクス、メシマコブ、といったものがあります。では、これらのダイエットに対する効果がどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

a0002_011083

癌に対する取り組みは大きなものがあります。いろんな代替療法が、出ては消えていきましたが、そんな中でもフコダイン療法だけはずっと続いています。やはり本物は残るという証であるかもしれません。

フコイダンとは・・・、

フコイダン(fucoidan)は、硫酸多糖の一種です。

代表的なものにワカメ、昆布、モズク、めかぶといった褐藻類のぬめぬめした部分に含まれる食物繊維のことです。

類似の物質ではナマコからも発見されていますが、人間の体に対しての効能の研究はまったく進んでいません。

主に L-フコース(多糖体)が α1-2、α1-4結合で数多く繋がっており、その平均分子の量は200,000を超えるといわれています。

2種類のフコイダン
■ F-フコイダン
グルクロン酸を含む U-フコイダンと硫酸化フコースからなります。

■G-フコイダン
ガラクトースを含みます。

褐藻類(めかぶ、昆布、わかめ、モズク)に含まれています。

海藻の「ぬめぬめ」とか「ねばねば」している部分が、フコイダンの成分だといわれています。

そういったところでは、私たちになじみ深いといってもいいかもしれません。

一部ではそのパワーの奥深さに注目が集まっていましたが、あまり公に知られることはなく、1970年代から一部のところで研究が始まり、1990年に入って、癌に対する抗がん作用が明確に認められてから、代替療法として注目を浴びるようになりました。

一般的な効果と効能

フコイダンの一般的な効能として
・肝機能をたかめる
・血圧の安定化
・抗菌作用がある
・抗アレルギー
・コレステロールを下げる
・癌細胞の増殖を抑える
・抗がん剤の副作用を抑える

身体によいといわれて当然ですが、特に癌細胞の増殖を抑えるということがフコイダンの知名度を高めることとなりました。

当初は高分子のフコイダンでしたが、研究が進み低分子フコダインがメインになりつつあります。

皮膚創傷を修復する作用や、胃の粘膜を保護する働きもあり、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症や、胃かいよう、十二指腸潰瘍などにも効果があるといわれています。

認知度があがり、レベルの高いフコダインが出てきた一方で、ごく微量の含有にもかかわらず、大々的にフコイダンが含まれていることをアピールする製品なども出てきて、新たな問題を創出しています。

ダイエットについてはどうなのか?

免疫力を正常にするという意味では、フコダインも少しは燃焼効果があるとはいえます。もずく、コンブといったものは、カロリー自体も低く、ダイエット食にはてきしているともいわれていますが、一般的にはフコイダンをダイエットに活用しようとする話しはあまり聞かれていません。

癌に対する研究は進んでいるので、今後はさらなる高品質のフコイダンが出てくるものだと思われます

 

関連記事

  1. ダイエット

    DHCサプリメントのダイエット効果について

    CMでの露出も高いDHCは、名前を聞いたことがない、という人はいないと…

  2. ダイエット

    豆腐ダイエットの効果・方法

    豆腐ダイエットとは、主食や食事の一部に豆腐を取り入れるダイエット方法で…

  3. ダイエット

    内臓脂肪とダイエットの関係とは

    内臓脂肪は、高血圧、糖尿病、高血糖のなどの病気や症状の原因になります。…

  4. ダイエット

    【体験談】糖質制限でダイエットに成功

    糖質制限ダイエットにて1ヶ月半で5kg減量に成功しました。何にしてもダ…

  5. ダイエット

    マンプクーで満腹に?

    マンプクー(Mampqoo)は、食事の前に摂っておくことで、自然に食事…

  6. ダイエット

    こんにゃくダイエットの効果・方法

    こんにゃくダイエットは、食事にこんにゃくを取り込んだダイエット方法です…

  1. ダイエット

    おからだから
  2. 美容

    山崎友里江さん
  3. 美容

    目の整形
  4. ダイエット

    骨盤矯正ダイエットの効果
  5. 糖質制限

    ドレッシングは同じシリーズでも糖質にかなりの違いが・・
PAGE TOP