糖質制限

ナッツは糖質制限としては優秀だが食べ過ぎに注意

おやつだったり、お酒のおつまみとしてもナッツ類は食べることが多いのではないでしょうか。甘くもないし、油でぎとぎとしてるわけでもなく、いかにも身体によさそうな感じがします。サラダの上に砕いたアーモンドをまぶすと、香ばしくて歯ごたえも出て非常に美味しくなります。

スポンサードリンク

a1180_002416

他のいろんな食物と比べても、栄養価が高いのは間違いないですし、添加物まみれのジャンクフードよりははるかに健康的で身体にもいいのですが、糖質制限の面からみると、気をつけておかないといけません。というのも、ナッツによっては、糖質量にかなりの差がありますし、一概に少ないとはいえないからです。

一番多いのが銀杏で100gあたり25gです。ついでカシューナッツの20gと続きます。

100gも食べないから大丈夫と思われるかもしれませんが、一袋丸ごと食べてしまった、という経験はないでしょうか?ナッツは塩味と歯応えがいいので、次々に手が出てしまいます。最初はちょっとだけ、なんて思っていても、口当たりがよくスナック菓子のようにだらだらと食べてしまうこともあります。

200gとペロリと平らげてしまう人もいます。さすがにおやつで200gは多すぎるでしょう。おやつにしては相当のボリュームになってしまいますし、摂取糖質もそれにともなってふえています。

カシューナッツだとそれで糖質40gに達してしまいます。

ナッツ類の糖質を高い順にまとめてみました。
銀杏      25g
カシューナッツ 20g
バターピーナッツ(バタピー)16g
マカデミアナッツ12g
ピスタチオ   12g

アーモンド9g
くるみ4g
ピーナツ(落花生)4g

同じピーナツでも、バタピーと落花生だとだいぶ糖質が違ってきます。

栄養面ではビタミンEに優れるアーモンドかミネラル、トリプトファンの多いクルミがおすすめです。

もちろんたくさん食べてしまいがちなので、袋から小分けで出して、食べる分量を最初にしっかりと決めて、それ以上はだらだらと食べないことを決めることが大切です。

image

image

これは、まいばすけっとで販売されていた。ゆでピーナッツ。

しょうゆの香ばしさと茹でているので柔らかい食感が特徴です。醤油の分もふくまれているのでしょうが、これで糖質が約5.5gと普通のピーナツよりはやや高めです。

関連記事

  1. 糖質制限

    カロリーゼロに気をつけて

    ノンシュガー、シュガーレス、カロリーオフ、糖質オフ。置き換えダ…

  2. 糖質制限

    グリコ・カロリーコントロールカレーの販売終了・・再販を望む

    糖質制限にとっては、カレーは大敵。カレールーは油、そして小麦粉…

  3. 糖質制限

    噛み応えのあるものを

    置き換えダイエットをおこなっているとやはり歯ごたえ、あるいは噛み応えと…

  4. 糖質制限

    還元水飴は血糖値を上げる?

    ついつい、「ノンシュガー」、「カロリーオフ」という言葉があると目がそっ…

  5. 糖質制限

    具がたっぷりみそ汁はそこそこ糖質も低くておすすめ

    冬の寒い日って暖かいものがどうしても欲しくなります。もちろんホットを飲…

  6. 糖質制限

    ライザップの低糖質スイーツが想像以上にイケる件

    CMがやたら印象的で記憶から離れられなくなっているライザップですが、監…

  1. 美容

    カーボメッドの効果と副作用
  2. 美容

    メソセラピーの失敗と副作用の前に
  3. ダイエット

    オルビスのプチシェイクダイエット
  4. ダイエット

    バランスボールダイエットの効果と方法
  5. 美容

    フェザーリフトの失敗の前に
PAGE TOP