糖質制限

ハーゲンダッツの糖質はかなり高いが、種類によっても差があります

アイスクリームの中でもトップクラスの人気を誇るハーゲンダッツアイスクリーム。アイス自体はいろんな種類が出ていますが、アイスクリームマニア?にいわせると、ハーゲンダッツのアイスはまた他のメーカーとは違って別格なんだとか。そんな人気アイスの糖質はどうなのでしょうか?気になるところです。

スポンサードリンク

image
ハーゲンダッツとひとくくりにいってもそこにはたくさんの種類が存在しています。

レギュラー商品が中心にあるわけですが、もちろんそれだけではなく、季節限定商品といったものも存在しています。

左のリッチカスタードは「期間限定」と書かれているように、季節ごとの限定商品です。通年で売られているわけではなく、時期を決められていて1年中食べられるわけではありません。また「限定」というところがファンの心をくすぐりそうです。右のレアチーズケーキは通年販売なので一年中食べられます。

どこのメーカーであっても、アイスに限らず他の商品であっても、当初限定の予定であっても、非常に人気が高い場合は、レギュラーメニューに格上げ、ということもありますし、逆に人気がなくなってメニュー自体が廃止されることもあるのです。

image

小さいですが、値段が高いです。その分プレミア感があって、品質も安価な製品よりも良い材料を使っているとは思うのですが、糖質は関係ないですね。この容量でも糖質はたっぷりです。濃厚な分、余計に糖質は高いです。注意してほしいのが商品によっても糖質量が違ってくるということです。

ハーゲンダッツだからといって、ひとくくりにしないで、それぞれの糖質を見比べてみる必要があります。レアチーズケーキが25.7g、リッチカスタードが20.8gと同じ容量でも5gほども糖質に差があります。

最近ではグリコのカロリーコントロールアイスもローソンなどで販売されていますし、糖質制限ショップでも低糖質なアイスをちらほらと見かけるようになってきましたので、アイス好きな人はそれらの商品を手にした方がいいでしょう。ハーゲンダッツはやはり糖質が高いので、糖質制限の観点からはおすすめできるものではありません。

image

グリコのデザートスタイルの濃厚クリームチーズケーキ(ほろにがココア仕立て)。

ビスケットの部分のずっしり感が好きだったのですが、1個(83ml)あたりの糖質が32.4gと高いので避けた方がいいでしょう。

image

image

ハーゲンダッツほどの大きさの珈琲実験室TOKYOダークロースト。

まったりした口当たりではないものの、ほろ苦さが個人的には好きでしたが、炭水化物13.6gです。やはり甘さ控えめでも糖質は低くはないです。

 

関連記事

  1. 糖質制限

    糖質ゼロチョコレート

    糖質をしっかりとおさえたチョコレートロッテゼロ。「糖質を控えて…

  2. 糖質制限

    糖質制限のカレーライスが欲しいという方、低糖質のカレーを試してみては?

    カレーは糖質の高いもの。それでもカレーライスが大好物という人にとっては…

  3. 糖質制限

    ライザップの低糖質スイーツが想像以上にイケる件

    CMがやたら印象的で記憶から離れられなくなっているライザップですが、監…

  4. 糖質制限

    フルータリアンは単なる砂糖中毒の言い逃れに過ぎない

    フルータリアン(フルーティアン、Fruitarianism、果食主義)…

  5. 糖質制限

    グリコ・カロリーコントロールカレーの販売終了・・再販を望む

    糖質制限にとっては、カレーは大敵。カレールーは油、そして小麦粉…

  6. 糖質制限

    炭水化物ぬきダイエットの弊害で体調に異変?

    糖質制限、炭水化物を制限するのは、なによりも身体にとっては、最良の方法…

  1. ダイエット

    ダンベルダイエットの効果・やり方
  2. ダイエット

    簡単短期間ダイエットの効果・方法
  3. ダイエット

    冷えのぼせの対策と治し方
  4. 美容

    酵素と乳酸菌の違いって何?
  5. ダイエット

    カルニチンダイエットの効果・方法
PAGE TOP