糖質制限

大豆麺ソイドルを通販で購入してみた

ソイドルという糖質制限派にとって強い味方となる大豆麺があります。小麦粉ではなく大豆なので高たんぱくで低糖質というなんともうれしい麺です。気になるのがお味なのですが、実際に通販で購入してみました。

スポンサードリンク


a1840_000016

ソイドルは糖質制限における「麺革命」になるかも

糖質制限を始める前は、麺好きでした。それも「重度の」といってもいいぐらいです。3食麺類、なんてこともありました。ラーメンを筆頭として、うどん、そば、パスタなんでもござれという具合でした。

居酒屋の〆もラーメンが多かったですね。あと鍋の〆に入れておじやにしたりとか、きしめんを入れたりとかも大好きでした。なんというか〆がないと食べたという気にならないのですよ。不思議なんですが。

それが糖質制限をはじめてからは、炭水化物も糖類の固まりであることを知ってから、食べるのを止めるようになったのですが、やっぱり麺食べたい願望は少なからずありました。

まあ、炭水化物だから無理か・・、とあきらめていました。ただ最近では「立川マシマシ」とか「博多一風堂」といったところで、麺の代わりに豆富を入れてくれるラーメン屋さんも出てくるようになったのでちょくちょく利用してました。でも本音では「麺をすすりたいなあ」という気持ちが強かったです。

ですが、糖質0麺なんてものが販売されているのをあとから知りました。

見回してみると、最近の糖質制限ブームのおかげでスーパーにも糖質制限麺が並ぶようになってきました。大きなスーパーだとかなりの確率でみかけます。ああ、ブームになっているんだなあ、と見ていて感じます。

でも、残念ながらこれらの糖質0麺ってどうも味が今一つなんですよね。麺もコシがなく、ふにゃふにゃした感じで。こんにゃく麺がほとんどなので、そこはがまんしないといけないのかもしれませんが、それでもちょっとさびしい気持ちでした。

そんな中、糖質制限やケトジェニックダイエットにぴったりの麺がようやく登場してくれました。

それはマルサンアイの「ソイドル」という大豆麺。

これは「こんにゃく」ではなくて「大豆」を使った大豆麺です。マルサンアイは豆乳や大豆粉や大豆粉パンで有名ですがこれらの商品も非常に評判の良いものだったので、このソイドルにも期待してしまいます。

公式通販サイトで購入してみましたが、結果は予想以上に「イケる」ものでした。

美味しい食べ方

基本的にはどのような調理でも大丈夫だと思ってます。

ラーメンであれ、焼きそばであれ、つけ麺でも問題ないでしょう。他のユーザーの方のブログではレシピを公開しているようです。クックパッドなどのレシピサイトにはソイドルのタグでメニューが紹介されています。モダン焼き、そば飯、ナポリタン、冷やしぶっかけ大豆麺、鴨南蛮風そば、といった具合にバラエティに富んでいます。

ちなみに商品を購入したら、中におすすめレシピが入ってました。特に難しいことは何もなく、一般の麺と同じように調理すればいいだけ。ラクなものです。

ただ、やはり市販の小麦麺とはやはり食感、匂いが若干異なります。

匂いに敏感な人だと大豆の風味に慣れない人も少しいるようです。特につけめんのような、麺そのものの風味とか、歯ごたえとかコシを求めると、ちょっと厳しいかもしれません。

そんな人には味付けが濃いものだと大丈夫です。例をあげるとナポリタン、焼きそばといったところでしょうか。トマトソースやウスターソースなどだとソース自体の味が強いので、大豆の風味が消えますからね。麺はやや硬め。個人的には固いのがコシがあって好きですが、柔らかいのが好きな人は長めの時間で茹でれば問題ないです。

どうやって購入するの?

購入するのは公式通販のみです。近所のスーパーに置いといてくれたら人気になるだろうし、すぐに買えて便利なんでしょうが、まあ、仕方ないですね。そのうちいいものは広がって買えると信じているので気長に待つことにします。

売り切れで入荷未定なんてこともないですから、その点では安心できます。楽天やamazonでも取り扱ってくれたらもっと売れるのに、とも思います。最初に購入するのであれば「お試しセット」がおすすめです。これは7食入りで手軽に試すことができます。

コスパを気にするのであれば、28食入りが最安値で買えるのですが、まあ最初は自分に合うか合わないか分かりませんので、最少ロットでの購入をおすすめします。これはイケると感じてから、次の注文で多く注文してもいいわけですから。あと冷凍品なので、冷凍庫のスペースは開けておく必要があります。

味はどうなの?美味しいの?それともまずいの?

今まで大豆麺を食べたことのある人ってほとんどいないと思います。ラーメン屋は小麦だし、スーパーの糖質制限麺はこんにゃく麺でぱさぱさしてるし。これは、実際に食べてもらうしかないでしょう。

麺を食べてもらえば分かりますが、やはり独特の「大豆感」はあります。

通常の小麦の麺に慣れた人にとっては、最初は違和感があるかもしれませんが、特にクセが強いわけでもなく、すぐになれる感じです。

こんにゃく麺で失敗したと思っている人は、なかなか新しいタイプの麺には手を出しづらいでしょう。私もスーパーで販売されているこんにゃく麺はどうしても好きになれませんでしたが、ソイドルであればそこまで心配はありません。一度食べてみれば、それほどクセがないことが分かります。

どうしても大豆の風味が・・、という方は濃い味付けにすれば大丈夫です。たとえば、トマトクリームパスタとか焼きそばとか。ほぼ普通の小麦麺と変わらない感覚で楽しむことができます。

他社の大豆粉麺と比較しましたが、大豆粉のみの麺というレベルではソイドルが一番の出来です。

琉球豆腐の沖縄島豆腐麺は完全大豆粉であることは評価できますが、食感を含めた味の面でまだ改善の余地があります。

おいちーぼの大豆麺は残念ながら小麦粉ががっつり入っちゃってますからね。だから糖質30%減にしかすぎないのです。

他社の麺も最近では頑張ってくれていますが、現段階ではマルサンアイのソイドルが一番だと感じています。

大豆麺がこれからは主流になる

糖質制限やMEC食を実践中の方は、タンパク質が重要になることはお分かりでしょう。一般の小麦の麺はほぼ糖質、こんにゃく麺はほぼ食物繊維、というわけで、栄養面では圧倒的に軍配が上がります。肉、魚などのおかずが少なくても大丈夫では?と思います。

あとは、糖質制限をおこなっているけど、動物性たんぱくが食べられない、という人にもありがたい存在です。動物愛護の観点から肉食をしない人もいますし、長年のマクロビオティックや玄米菜食で胃腸の吸収力が下がってしまって肉や魚が食べられない人もいます。そんな人にもタンパク質がしっかりととれるのがありがたいところです。

今まで丼物とかパスタばっかり食べていたのは、ほぼ糖質で栄養価の非常に低い状態だったわけです。1食110gあたり糖質が0.9gという驚異の少なさはやはりすごいです。糖質制限している人には必須の麺といってもいいでしょう。

糖質制限初心者はもちろん、ベテランにもおすすめできるものです。

低カロリー、低糖質、高たんぱくといいことづくめの大豆麺ソイドル。低糖質ダイエットの普及とともに、大豆麺がメジャーになっていくことは必然の流れかもしれません。

 

関連記事

  1. 糖質制限

    うざいと思いながらもだんだん虜のごてあらぽー

    やたらに印象的なごてあらぽーのCM。印象深い半面、一部ではうざいとまで…

  2. 糖質制限

    3aマグネシアの効果はあとからじわじわとくる

    糖質制限やMEC食をおこなっていると、どうしても便秘になりがちです。炭…

  3. 糖質制限

    ミミガーの糖質ってどうなの?

    ミミガーは、沖縄料理のひとつで、豚の耳の皮を使った料理のことをいいます…

  4. 糖質制限

    デザートチーズの糖質量はばらつきがあるので要注意

    「本当は甘いものが大好きで目がない、だけど糖質制限をやっているからデザ…

  5. 糖質制限

    クリームチーズは糖質制限の強い味方

    クリームチーズ は、生クリームやクリームと牛乳を混ぜ合わせて製造した熟…

  6. 糖質制限

    ブランのしっとりメロンパン

    ローソンの実りベーカリー「健」(すこやか)のブランのしっとりメロンパン…

  1. アンチエイジング

    マカの効果
  2. ダイエット

    やせたいけど食べちゃうという心理
  3. 美容

    炭酸水を楽しんでみる
  4. 糖質制限

    ミミガーの糖質ってどうなの?
  5. ダイエット

    キャベツダイエットの効果・方法
PAGE TOP