ダイエット

【体験談】ジャンピングスクワットで体重が大きく落ちた

ダイエットを行う上で、運動は必ずといっていいほど必要不可欠なことです。
運動して筋肉を鍛えないかぎり、食べる量を減らすだけのダイエット方法では、どんどん体重は増えていくばかりです。

スポンサードリンク

筋肉は使うことではじめて代謝機能を促進させることができます。この代謝機能の促進を疎かにしてしまうと、どんどん筋肉は痩せ細り、脂肪が多くついた体になってしまうのです。

そうならないためには、普段から筋肉トレーニングを行い、筋肉をつけることが重要なのです。

では具体的にどのようなトレーニングを行えばいいのでしょうか。やり方自体はとても単純です。

ダンベルでも自重でもいいので、まずは大きな筋肉を鍛えることから始めていけばいいのです。
大きな筋肉というのは人間の体の中では、太ももや背なか、胸などの筋肉がありますが、

オススメは何と言っても、脚の太ももの筋肉です。

何故かと申しますと、太ももの筋肉は当然大きいですが、普段の日常で最もよく使う筋肉だからです。

ですので普段から使っている筋肉を更に筋肉トレーニングで使ってあげることによって、より効率的に代謝機能を上げることができるのです。

また筋肉の衰えは下半身から来るとも言われているので、老後に備えるといった運動でも大きな意味をもたらします。

では具体的な太ももの筋肉の鍛え方について説明します。

まずはジャンピングスクワットです。太ももの筋肉を使って思い切りジャンプをしてください。

そしてジャンプして着地をした瞬間、太ももの筋肉で重力と自分の体重の衝撃を受け止めるように両足で、地面を踏み込みます。

そのとき膝がつま先から出ないようにしてください。

このジャンピングスクワットは、初心者にはとてもハードなトレーニングですが、その分筋肉に大きな負荷をかけることができます。

この運動方法をしっているだけでも、あなたの筋肉は若返ると言ってもいいでしょう。
その結果代謝機能があがり、脂肪が燃焼しやすい体になります。

この運動方法は普通のスクワットと比べて、大きな負荷がかかるので初が付くほどの初心者には、ハードルが高いかもしれません。

その場合は普通のスクワットで慣らしてから、このジャンピングスクワットを行うようにしましょう。
目標回数ですが、できれば30回を目標に行ってみてください。

以外に簡単そうに見えますが、運動をほとんどしない人にとっては、30回はかなりの回数です。
息が上がってしまう人もいると思います。
逆に言えば30回をこなせる人は太ももの筋肉は最低限ついているといっていいでしょう。

自分のできる範囲でかまわないので、太ももの筋肉を鍛えていき、脂肪を燃焼しやすい体を作り上げてください。

関連記事

  1. ダイエット

    カロリミットを活用してみる

    カロリミットの存在は、知ってはいましたが、ほとんど自分自身で使うことっ…

  2. ダイエット

    デューク更家の健康ウォーキングとは

    デューク更家さん、最近名前を聞くこともだいぶなくなりましたが、一時期大…

  3. ダイエット

    オートファジーサイクルとは?

    オートファジーサイクルとは、真皮線維芽細胞が持つからだの新陳代謝の仕組…

  4. ダイエット

    オグラ式ダイエット

    オグラ式ダイエットは、小倉義人氏が考案したダイエット方法で、モデルや芸…

  5. ダイエット

    フコイダンのダイエットでの効果・効能について

    がん代替療法は数多くありますが、フコイダンほどその威力を認められたもの…

  6. ダイエット

    おからダイエットの効果・方法

    おからダイエットは、おからを食事や間食に取り入れて行うダイエットです。…

  1. 糖質制限

    森永マクロビ派ブラウニーの糖質はどれぐらいなの?
  2. 美容

    カロリストンの評判が予想通りでした・・
  3. 美容

    水ダイエットの効果・方法
  4. アンチエイジング

    高血圧(メタボ)の食事療法
  5. ダイエット

    脂肪燃焼スープダイエットの効果・方法
PAGE TOP