ダイエット

朝バナナダイエットの効果・方法

朝バナナダイエットとは、朝食にバナナを食べるダイエット法です。

テレビ番組や書籍などで話題になっているダイエット方法です。

スポンサードリンク

banana

さて、この朝バナナダイエットは「はまち」氏が提案し、多く広がりました。

バナナを利用したダイエットにもいくつかあるようですが、はまち氏のすすめる朝バナナダイエットが有名で体験者も多いようです。

朝バナナダイエットは、バナナとともに水を多く飲むことを推奨しています。

それに、朝食以外の食事や間食には制限がありません。

ただ夕食はできるだけ早くにとり、就寝4時間以内の間食は避けるようにされています。

朝バナナダイエットでは睡眠の質を大切に考えます。

消化器官に負担をかけないよう、なるべく空腹の状態で睡眠をとることで、翌朝のバナナの効果をより活かせるようになります。

朝バナナダイエットの公式サイトでは、朝バナナダイエットの様々な情報を発信しています。

バナナは低カロリーな食材で、重量感もあり、満腹感も大いに得られる食品です。

また、バナナに含まれる天然の糖分は、長時間持続できるエネルギーになりやすく、疲労回復の効果が期待できます。

ダイエットだけではなくスポーツ選手の栄養補給にも利用されています。

バナナは食物繊維と水分も豊富で、便秘の改善にも役に立ちます。

そのほかにも、カリウムやマグネシウム、葉酸など豊富な栄養素が多く、ダイエット効果が得られなくても、健康的な生活の弊害にはなりません。

つまり、リバウンドや栄養不足になりにくいダイエット方法といえるでしょう。

豆乳バナナダイエットの効果・方法

豆乳バナナダイエットは、豆乳とバナナを組み合わせ食事に取り入れるダイエットです。

豆乳とバナナのダイエット効果を相乗させた方法で、それぞれの単品でのダイエットより成果が期待できるでしょう。

豆乳バナナダイエットは、脂肪燃焼効果が高くダイエットにつながるようです。

豆乳の原料の大豆には、良質のたんぱく質が含まれています。

ダイエット中に不足がちになる栄養素を補い、脂肪の代謝に刺激を与える効果があります。

また、バナナにはカリウムやビタミンB2、食物繊維など多くの栄養素があり、その上低カロリーのダイエットには優秀な食材です。

食事をとる前にに豆乳バナナドリンクを飲むと、満腹感がえられ、他の食材のカロリー摂取を抑えることができます。

豊富な食物繊維は便秘の改善の効果もあり、ダイエットにもつながっていくようです。

まずは1週間と目安になる期間を設け、効果を試してみましょう。

豆乳バナナはダイエットだけではなく、疲労時や栄養補給にも優れた食品なので、小さい子供や年配の人、スポーツをする人にもおすすめできるドリンクです。

豆乳バナナダイエットは、豆乳とバナナのドリンクが一般的です。

ミキサーにかけて、自分で手作りできる安心感があり、その上安価ですみます。

豆乳バナナドリンクもオンラインショップなどで市販されているようなので、昼食や出先などで豆乳バナナドリンクを飲むときなどに利用してもいいでしょう。

ドリンクだけではなく、豆乳とバナナを組み合わせた「豆乳バナナマフィン」など軽食、デザート系の食品も多くあります。

手作りする人は、ブログなどで公開されているレシピが参考になるでしょう。

関連記事

  1. ダイエット

    こんにゃくスープパスタ

    ローソンストア100で購入したこんにゃくスープパスタ(トマトソース味)…

  2. ダイエット

    腹八分目ダイエットは効果があるのか?

    お腹いっぱい食べるのと、満腹になる手前のほどほどの状態で止めておくのと…

  3. ダイエット

    やせたいけど食べちゃうという心理

    「やせたいけど食べちゃう」という心理は多くのダイエットを目指す人たちの…

  4. ダイエット

    ビエナゼリーライブラリー

    佐藤江梨子も実践して絶賛していたのが、ビエナゼリーライブラリー。…

  5. ダイエット

    バランスボールダイエットの効果と方法

    手軽なダイエットアイテムとしてバランスボールは完全になじみになった感が…

  6. ダイエット

    ヨーグルトダイエットの効果・方法

    ヨーグルトダイエットは、ヨーグルトを利用して行うダイエット方法です。…

  1. ダイエット

    藤本憲幸氏が平均寿命もたずに死去していた件
  2. ダイエット

    ロングブレスダイエットの効果
  3. ダイエット

    リセットダイエット
  4. 美容

    妊婦にとって危険なリステリア菌とは
  5. 美容

    酵素と乳酸菌の違いって何?
PAGE TOP