ダイエット

こんにゃくダイエットの効果・方法

こんにゃくダイエットは、食事にこんにゃくを取り込んだダイエット方法です。

こんにゃくはほぼカロリーがなく、栄養もありません。

スポンサードリンク

konnyaku
食事の量増しになり、満腹感をあげるダイエットに最適な食材ですが、間違えて行うと栄養不足にもなることもあります。

こんにゃくだけの食事やこんにゃくに比重を置きすぎたメニューは、ダイエットには逆効果になります。

食事の補助として、満足感を満たすための一品に使いましょう。
こんにゃくの主成分は水溶性の食物繊維です。

水分との摂取により、胃で膨張し満腹感を高める効果があります。

また、腸内での刺激になり、便秘の解消にもなります。

カロリーがないこんにゃくの利点を活かし、食事前にこんにゃくを摂取するダイエット方法があります。

食事前、特に夕食に効果がありますが、30分前にこんにゃくを200グラム食べます。

こんにゃくと同量の水分もとります。

その後の食事の摂取量、カロリー吸収率が下がると思います。

体内のこんにゃくを意識しながら、食事するとよいでしょう。

こんにゃくは昔から食事の一品としてなじみがあるものですが、料理法でカロリーが高くなることもあります。

こんにゃくのダイエット効果を活かすならば、砂糖や油の使用にも注意が必要でしょう。

こんにゃくダイエットのレシピは検索すると多くあるので、参考にしましょう。

また、こんにゃくを食事の一品に混ぜる様々なタイプの製品が販売されています。

つぶこんにゃくは米に混ぜ炊くもので、主食の摂取を抑えることができます。

こんにゃくゼリーは、我慢できないときの間食に最適です。

ただし、こんにゃくゼリーは糖質が多く含まれています。

食べ過ぎは身体にとってもよくありません。低糖質なこんにゃくゼリーも発売されているようですが、まだまだ一部でしかないのが現状です。あと、こんにゃくゼリーは固く飲み込みづらいため、のどに詰まらせて窒息してしまう痛ましい事故がたまに起こります。

小さく刻むか、良く噛んで食べることを心がけてください。

関連記事

  1. ダイエット

    ロングブレスダイエットの効果

    ロングブレスダイエットは美木良助氏の考案したダイエット法です。…

  2. ダイエット

    ダイエットサプリメントの口コミ・効果

    最近、利用者が増えてきているダイエットサプリメントの紹介をしていきたい…

  3. ダイエット

    ふくらはぎをスリムにするダイエットの方法

    ふくらはぎ(太もも、脚痩せマッサージ)ダイエットは、特にふくはらぎを集…

  4. ダイエット

    ダイエットスリッパ

    ダイエットスリッパは、かかとがない変わった形状のスリッパです。…

  5. ダイエット

    脂肪燃焼スープダイエットの効果・方法

    脂肪燃焼スープダイエットとは、脂肪燃焼効果が高いスープを使いダイエット…

  6. ダイエット

    レーサーダイエットは本当にレーサー発祥なのか?

    「レーサーダイエット」はそれほどメジャーでもないので、なじみのない人が…

  1. 美容

    フェザーリフトの失敗の前に
  2. 糖質制限

    和のかし巡
  3. 美容

    桃とコラーゲンの美的ハーブ
  4. アンチエイジング

    プラセンタの効果と実感
  5. 酵素

    ベルタ酵素を使っている有名人
PAGE TOP