ダイエット

ダンベルダイエットの効果・やり方

昔から存在するダンベル。

どうしてもダイエットというよりも筋トレの道具としてとらえられてしまいがちです。

スポンサードリンク

dumbbel
「ダンベルって使ったことあります?」という質問でも、女性がダイエットとして活用しているのはあまり聞いたことがないでしょう。

もし、昔に買って置きっぱなし、それっきりのダンベル、お部屋に転がっている、なんてことはありませんか?

なかったら、無理して買う必要なんてありませんが、もしおお家に転がっているのであれば、そのままというのはもったいないです。

ぜひダンベルをダイエットのために役立ててもう一度日の目を見させてください。

ダンベルを使ってダイエットに挑戦してみることにしましょう!!

ダンベル効果的につかうことで筋肉をつけることができます。それも健康的に、です。

筋肉をつければ基礎代謝が以前よりも上がり、自然と痩せやすい体になります。

おまけに疲れにくくもなってきます。

もちろん目的はあくまで「ダイエット」ですからね、なにもムキムキのボディビルダーになるまで筋肉をつける必要なんて全然ありません。

だからどうぞ気軽に始めてくださいね。

ダンベルダイエットのいい面。

それは場所と時間にとらわれないことですね。これは大きいです。

休日のまったりタイムや、家事の合間、とか細切れ時間なんていくらでもできますからそんな間にぱっぱっとできます。

ダンベルは自分の体に合った物を選びましょう。もし、購入してなければの話しですが。

あまりに重すぎるダンベルになるとダイエットどころか、逆に筋肉を痛める原因になってしまいます。

そうすればダイエットどころではないですよね。

目安ですが、女性や年配の方なら両手でだいたい1キロ、男性ならだいたい2キロ程度から始めてみてください。

また、握った時にしっくりくる物を選ばないと落としてそれで怪我をする可能性があるので十分に気をつけてください。

ダンベルも何種類も出ていますので、比べてみましょう。

ダンベルダイエットは普通におこなっても効果はちゃんと出ますが、よりいい方法として、鍛える筋肉を意識して行うとさらにいいですね。

そして1つの部位につき15分ほどを1日おきに鍛えるようにしてください。

毎日やる必要はないです。筋肉にも休息日が必要ですので、1日おきで大丈夫です。

あとは呼吸を止めないように心がけることも大切です。

使う筋肉が発達してる様をイメージしてみましょう。

今呼吸についてのお話をしましたが、ステッパーといった有酸素運動とダンベル運動のそれぞれを1日おきに行うことによって、自宅でも簡単にサーキットトレーニングができます。

これですと、ダンベルダイエットだけよりも効率的です。

ほかの項目にもあるように、できるダイエットがあったら、一緒に組み合わせてみましょう。

そうすることでより効率的なダイエットができます。

関連記事

  1. ダイエット

    骨盤矯正ダイエットの効果

    最近良く聞くようになった「骨盤矯正ダイエット」という言葉。一見…

  2. ダイエット

    DHCサプリメントのダイエット効果について

    CMでの露出も高いDHCは、名前を聞いたことがない、という人はいないと…

  3. ダイエット

    ビーアップの効果がかなりいい!いう話しが・・

    女性の方が胸を大きくするのであれば豊胸手術、バストアップブラといったも…

  4. ダイエット

    スリムシェイカー

    スリムシェイカーは、室内用のダイエットマシンです。振動する台の…

  5. ダイエット

    グローバルダイエットの効果

    グローバルダイエットとは、食事やサプリメントなどダイエットを総合的にサ…

  6. ダイエット

    ダイエットサプリメントの口コミ・効果

    最近、利用者が増えてきているダイエットサプリメントの紹介をしていきたい…

  1. 糖質制限

    ビーレジェンドプロテイン
  2. 乾癬

    セイタカアワダチソウの入浴剤でアトピーや乾癬への効能は?
  3. ダイエット

    デューク更家の健康ウォーキングとは
  4. 糖質制限

    セブンイレブンのサラダチキンなど
  5. 美容

    マイクロリポサクション法
PAGE TOP