アンチエイジング

生活習慣病の原因と対策

生活習慣病は以前は成人病と呼ばれており、生活習慣が長期間乱れることなどが原因で起きてしまう病気とされています。

生活習慣病の中には色々な病気が含まれており、日本人の病死の中の3分の2の生活習慣病が原因だといわれています。

スポンサードリンク

非常に高い確率だと思いませんか?怖いですね。

生活習慣病は「飲酒や喫煙、休養、運動習慣、食習慣などの生活習慣が原因によって発生してしまう疾患群」であると厚生労働省で定義されています。

遺伝などの原因によって生活習慣病になってしまうこともあるのですが、大きな原因はストレスの蓄積や飲酒、喫煙、運動、食べすぎなどとなっています。

ですので生活習慣を改善するようにすれば、生活習慣病対策をすることも出来ますし、軽度の生活習慣病の間に治療をすることも出来るのです。

現在は色々な原因によって生活習慣病になってしまっている人や、生活習慣病になる危険性がある人が年々増えてきています。

生活習慣によって起きてしまう病気というのは色々あります。

ほとんどすべてが関わっているといっても、過言ではありません。

どれだけの病気が生活習慣病といえるのかは不透明ですが、病気の症状などを知るようにして、生活習慣病対策をするようにしましょう。

生活習慣病と生活習慣によって起きてしまう病気いうのは、
飲酒や喫煙、運動不足、食生活などの原因となっており、飲酒習慣アルコール性肝疾患、
歯周病、循環器病、肺気腫、慢性気管支炎、喫煙習慣扁平上皮がん、高血圧、高脂血症、
肥満、高尿酸血症、成人型糖尿病、
などが生活習慣病であるとされています。実にたくさんありますね。

これらの病名、多くの人が当てはまっていることでしょう。それだけに他人事ではないのですね。

このような生活習慣病対策・予防・改善をしなくては後で辛い思いをしなくてはならない可能性があるのです。

毎日のちょっとしたこと、これが後々の予防につながっていくのです。

予防するには

生活習慣である休養や運動、食事などを改善することによって生活習慣病を予防することが可能となります。

生活習慣病になってから生活習慣の見直しや改善をするのではなく、何事もないときから生活習慣病の予防をしていくことが大切なのです。

体のどこかが不調になっていないか?
血圧や体重、体型などに変化は現れていないか?栄養バランスは保たれているのかどうか?
などを分析していき、問題があれば改善をするようにすることが大切なのです。

また定期的に病院に行ってコレステロール値や血糖値などといった自分では判断をすることが出来ないことは診察をしてもらうようにすることも大事です。

それに家族のこれまでの病気暦などを知っておくことも大事なのです。

遺伝によって生活習慣病になってしまう可能性もあるのです。

休養と運動、食事というのは生活習慣病の予防策として必要不可欠なのです。

生活習慣病を予防するための食事として、肉を食べるよりも魚介類を食べるようにしたり、
動物性たんぱくよりも植物性たんぱく、そして、塩分や糖分を控えるようにすることが大切ですし、規則正しい時間に食事をすることも大事です。

運動面では、生活習慣病を予防するために運動をするようにして、体に負担をかけにくい有酸素運動であるウォーキングやランニング、ジョギングなどを取り入れるようにしてみると良いでしょう。

負担の大きい人は、まずは散歩からでもいいですよね。

体に負担をかけずに毎日続けられる運動やスポーツを選ぶようにすることが大切です。

また規則正しい生活をすることも生活習慣病予防となるのです。

そして充分に睡眠や休養をとるということも生活習慣病を予防するためには必要不可欠です。

またストレスの蓄積によって生活習慣病になってしまうこともありますので、ストレスも定期的に発散するようにした方が良いと思います。

このような何気ない生活習慣の見直しによって生活習慣病を予防することが出来ますので、明日から挑戦してみてはいかがでしょうか?

生活習慣病予防検診について

平成20年4月から国によって生活習慣病予防検診が行われるようになり、特定健診と特定保健指導が行われ、医療保険に加入している人は健診を受けなくてはなりません。

特定健診の診察内容が生活習慣病予防健診の中に取り込まれるようになり、検査の内容が変わることもあります。

一般の生活習慣病予防検診の検査内容の中に、腹囲を計測する診察も行われるようになったりしました。

医者によって一般検診をしてもらうときに眼底検査といわれる特定健診の診察内容が必要であると判断されることもあります。

そして全国規模で生活習慣病予防検診を受ける場合、事前に予約をしなくてはならなくなりました。

政府管掌健康保険に加入をしている人は平成20年10月1日より社会保険庁ではなく、全国健康保険協会へと変更されました。

生活習慣病である糖尿病や高血圧などのたいさくや早期発見をするため、予約制で39歳以下の方を診察しているのです。

2日かけて検診を受けることになります。

検査は初日に行われ、2日目は初日の検査の結果やこれからの指導などを受けることになります。

生活習慣病予防健診として受けるのは、胸部のX線検査、腹囲測定、血圧測定、血液検査、尿検査となっており、希望をするのであればしか検診をしてもらうことも出来ます。

生活習慣病予防健診を受けたいのであれば、基本的には生活の改善や指導をしてもらいたいと思っている35歳から39歳、そして40歳から74歳までとなっており、政府管掌健康保険に加入をしている人となっています。

女性で政府管掌健康保険に加入をしている偶数年齢の34歳以下の方であれば、生活習慣病予防健診を受けることは出来ませんが子宮がん健診を受けることは可能となっています。

生活習慣病予防士資格とは

生活習慣病を予防するために生活習慣病の知識を持って、友人や知り合い、家族、自分自身のセルフケアやアドバイスをしていくのが生活習慣病予防士です。

生活習慣病予防士の資格を取得するための講座が開設されており、運動やストレス対策、食事などといった生活習慣病を予防するために必要となる知識などを身に付けることが出来るようになり、セルフケアを身に付けることもできるようになっています。

セルフケアができるようになればこれは自分にとっても大きな武器です。

自分自身の生活習慣を見直したいと思っている人も多いと思いますが、どのようにすれば生活習慣を見直しすることが出来るのかわからない人も大勢いると思います。

内閣府も独自に調査をしているのですが、生活習慣をどのように見直せば良いのか分からないで専門家に指導をしてもらっている人が57%もいるのです。

専門家というのは、生活習慣病に対しての知識を持っている専門医となるのですが、専門医でもどのようにすれば生活習慣病の予防をすることが出来るのか正確に指導をすることが出来ない場合が多いです。

その理由は、人それぞれ生活習慣は異なっているので、なかなか適切な指導をすることが出来ないからなのです。

生活習慣病予防士の資格を取得するのであれば、以下のような条件がなくては資格を取得することは出来ません。

・生活習慣病予防士の講座を6割以上出席していること。
・生活習慣病予防士の通信講座を受けている人。
・東北福祉大学予防福祉健康増進センターで行われている講座を修了している人。
・既に書類審査で審査合格をしている人。

となっています。

生活習慣病予防士の資格試験はマークシートによる出題となっており、問題数は50問ほどとなっています。

試験範囲は生活習慣病予防士テキストの中から出題されています。

生活習慣病予防士の資格を取得して、家族や知人、そして自分自身の生活環境を見直すための指導をしてみませんか?

このようにすれば自分自身も予防することが出来ますし、自分の大切な人たちも生活習慣病から守ることが出来るようになるのです。

生活習慣病と食事の関係

食事と生活習慣病は切っても切れない関係となっています。

もっとも密接なつながりでしょう。

食事によって脂肪が増えてしまう原因になってしまうケースが多いのが理由です。

戦前と戦後とでは食生活もずいぶんとかわりました。

現在の日本人の食事は、欧米化が進んでおり、魚介類よりも肉を中心とした食事となっていますし、栄養バランスも偏りやすくなっています。

昔の人が現代人の食事を見たら驚くのではないでしょうか。

現代出は、油や肉以外の食事を心がけるようにすることは困難な人もいるかもしれませんね。

ですが、肉を一切食べず、健康にいいとされている野菜ばかり食事に取り入れていても体に必要な筋肉を生成することはなかなか難しいと思われます。

そのために食事をする時は栄養バランスなどをバランス良くしなくてはなりません。

それに生活習慣病の原因の一つとして塩分の摂り過ぎなどもありますので濃い味にしないようにしましょう。濃い味は中毒性があります。

だんだんその味付けに慣れてしまうのです。

怖い事ですよね。

おかずの味付けはシンプルにした方が体に負担をかけないようにすることが出来るのです。

生活習慣病にならないための食事として最初に言いたいのは、間食を減らしてなるべく粗食にしましょう、昔のおふくろの味にしましょう、ということです。

現在は仕事などで時間がなかなかとれない人も多いと思いますが、食事を抜いて、ジャンクフードをとることのないようにしてください。

そして主食やおかずなどの栄養バランスを考えるようにしながら食事をするようにしましょう。

そして色々な種類の食品を食べるようにして栄養バランスが崩れないようにすることを心がけてください。

また肉などを食べるときは脂身がない部分を極力食べるようにしましょう。

ですが、脂身というのは関節をスムーズに動かすために必要となっていますので、適度に脂身も食べるようにしたほうが良いでしょう。

そして悪玉コレステロール値を下げる効果があるオリーブオイルや菜種油などで調理をするようにしてみてください。

そして塩分についてですが、極力抑えるようにしましょう。

このように食事に対して意識をするだけでも生活習慣病を予防することは出来るのです。

日々の心がけが大切なのですね。

関連記事

  1. アンチエイジング

    花粉症サプリメントの口コミ

    ここでは花粉症のサプリメントの紹介をしていきたいと思います。花…

  2. アンチエイジング

    メタボリックシンドローム予防のために健康診断を

    メタボリックシンドローム予備軍といわれないために、しっかりと予防をする…

  3. アンチエイジング

    プラセンタの効果と実感

    現在、色々な種類のサプリメントが開発・販売されていますが、サプリメント…

  4. アンチエイジング

    身長サプリメントは効果なし

    「サプリメントを飲んだくらいで身長が伸びるわけないじゃん!」と疑ってい…

  5. アンチエイジング

    育毛サプリのランキング

    現在、男女を問わずに悩みの種になっている「薄毛」。男性ばかりで…

  6. アンチエイジング

    プロポリスの効能と副作用

    プロポリスは一時期ブームになりましたが、最近では特に話題に上がることは…

  1. 美容

    コメカミ形成
  2. ダイエット

    加圧トレーニングでダイエット
  3. 美容

    顔のたるみ解消エクササイズは効く?
  4. ダイエット

    ステッパーダイエットの効果
  5. ダイエット

    やせるホルモンGLP-1
PAGE TOP