アンチエイジング

高血圧(メタボ)の食事療法

日常生活や食生活を見直すだけでも高血圧予防をすることは可能です。

まずはバランスが取れている食事(ただし炭水化物は減らす)を規則正しく食べるようにすることから始めましょう。

スポンサードリンク

もちろん食べすぎはだめです。腹8分、ゆとりがあれば、7分、6分にしてみてもいいでしょう。

食事をする時はお腹イッパイになるまで食べるのではなく、腹8分目を心がけちゃんと3食食べるように心がけるようにすれば生活習慣病対策をすることが出来ます。

朝はがっつり食べるのではなく、軽めの方が身体には良い影響を与えます。

肥満になってしまっている人は早食いをしている人が多いですので、時間をかけてゆっくりと充分に噛む様にしながら食事をすることが大切です。

食事をすることによって急激に遊離脂肪酸は減り、血液中のブドウ糖が増加します。

これによって満腹中枢が信号を発信して満腹感を味わうことが出来るようになります。

食事をし始めて10分から15分程度で信号が発信されますので、いつも食事時間が短い人は必要以上の食事をしていることになってしまいます。

この結果肥満に繋がりやすくなってしまうのです。

時間をかけて充分に食べ物を噛むようにすれば満腹中枢に刺激を与え、満腹感がでるのです。

また唾液を分泌させることによって若返りの効果もあります。

反対に食事時間が短い人は、満腹中枢が発信される前に食べ終わってしまいますので、すぐにお腹が減ってしまい必要以上の食事量を摂取しやすくなってしまうのです。

よく噛むようにするとヒスタミンが分泌されるのですが、ヒスタミンによって交感神経に刺激を与えるのですが、交感神経によって内臓脂肪は依存していますので、ヒスタミンが分泌されることによって内臓脂肪を溶解しやすくすることができます。

高血圧などのメタボリックシンドロームを改善したいのであれば、食生活を規則正しくするようにすることから始めるようにしましょう。

食生活を規則正しくするにはどのようにすれば良いのか?

それは朝・昼・夜ときちんと食事をするようにして、規則正しい時間に食事を擦るということが大切なのです。

そしてよくかむこと。最低でも一口で30回は噛んでほしいものです。継続することで思わぬ効果が出てきますよ。

最近では、塩よりも砂糖の方が断然からだに悪いことがはっきりとしてきました。

糖質制限ダイエット、断炭水化物ダイエットといったものが急激な広まりをみせてきていますが、今後もこの流れは確実に増大し続けるでしょう。

塩分を控えている方、もしかしたらその反動で甘いものが欲しくなる、なんて方もいるでしょう。

砂糖が欲しくなる、なんていうのは完全に甘いもの中毒、砂糖中毒におちいっていることの証です。

この砂糖中毒は非常に恐ろしいものですが、現状としてはまだまだ世間一般には広がっていません。それだけ認識も低いのでしょう。

高血圧に悩まされている方も、糖質過多というのは、重要な原因の一つですので、甘いもの、炭水化物はしっかりと断つことが健康を呼び込む第一歩です。

関連記事

  1. アンチエイジング

    糖尿病に効くサプリメント

    現在、糖尿病に悩んでいる人は非常に多いですよね。「生活習慣病全…

  2. アンチエイジング

    プロポリスの効能と副作用

    プロポリスは一時期ブームになりましたが、最近では特に話題に上がることは…

  3. アンチエイジング

    アクティブレストで疲れをとる効果について

    休みの日は何をしてるかで身体の疲労度合いもまるっきり変わってきます。…

  4. アンチエイジング

    鉄サプリの効果と副作用

    鉄分が配合されているサプリメントですが、効果はもちろんあるのですが、反…

  5. アンチエイジング

    メタボリックシンドロームの予防

    最近よく耳にするようになった「メタボリックシンドローム」。これ…

  6. アンチエイジング

    健康診断の料金の相場って?

    健康診断の料金は、一概には言えませんが、健康診断は基本的に健康保険適用…

  1. ダイエット

    内臓脂肪とダイエットの関係とは
  2. 美容

    サーマクール
  3. アンチエイジング

    身長サプリメントは効果なし
  4. ダイエット

    黒酢ダイエットの効果・方法
  5. 美容

    プラセンタ注入療法の効果
PAGE TOP