ダイエット

デューク更家の健康ウォーキングとは

デューク更家さん、最近名前を聞くこともだいぶなくなりましたが、一時期大ブームを巻き起こしました。

現在は、かつてのようなブームではないものの、それでも彼のウォーキングを愛好する人は毎年増えている状況です。

スポンサードリンク

ウォーキングがブームになった背景には、健康に対する意識の急激な高まりがあります。

意識が高まる中で、現在は40~70歳の男性の2人に1人、女性の4人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、その予備軍であるといわれており、その改善は急務となっています。

デューク更家さんの肩書は、「ウォーキングドクター」です。

彼は健康法に対しては問題が顕在化する以前から関心を寄せており、ヨガ、気功、武道、ストレッチ、呼吸法、といったものを、ひと通り勉強し、それらすべての健康法の良い部分だけを取り入れて体系化し、そしてどんな人でも気軽に、簡単にできるウォーキングエクササイズを生み出しました。

そしてそれがブームになって、テレビ、ラジオ、書籍、雑誌などでも活躍し、著書でもベストセラーを連発されています。

「歩くこと」それは決して特別なことではないのです。どんな人でも普通におこなっています。

日常の動作で、意識せずにやっていることです。デュークズウォークの歩き方をするにあたって、一番最初に気を付ける点がズバリ「姿勢」です。

見た目もよく、まっすぐにしっかりと立てているかによって、ウォーキングの効果や、そしてきれいに歩けるかなど、大きな差となってあらわれます。

一番基本になる姿勢ですが、その姿勢を「仙骨を立てる」と言います。

仙骨とは骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する骨です。

この仙骨をきちんと立てることによって、姿勢と骨盤が本来の姿になります。

テレビでも見かけたことがあると思います。声を出しながら、手を頭の上で交差させ、身体をひねりながらまっすぐに進むあの歩き方をはじめ、下腹をすっきりさせる、身体の免疫力を上げるなど、各々に応じた体操や呼吸法があります。

デューク更家氏は、「運動というものは、決して特別なものではない、別に時間をとったり、特別な道具を使ったりする必要などはない。

もし、長続きさせようと思うのであれば、ムリをすることなく、日常生活の合間をぬって、その合間にすればよい。」といわれています。

決して無理をしない。できることをやっていく。というところ、分かりやすさがたくさんのファンを生み出している要因だといえそうです。

健康ウォーキングについて

「ウォーキング」と「歩くこと」って同じもののようにみえますが、これは厳密にいうと違うものです。

結論からいいますと、健康のために意識的に歩くことを「ウォーキング」と呼びます。

意識しないで、ぼーっと歩くこととはニュアンスが違いますよね

有機酸素運動であるウォーキングですが、身体に対する良い影響は計りしれません。

心肺機能を高め、体脂肪もより効率的に燃焼してくれますので、継続することによって肥満、高脂血症といった生活習慣病になる要因のものなどを解消してくれます。

筋肉も保つことができますし、骨だってそうです。骨粗鬆症も予防することになりますので、アンチエイジング、痩せる為のダイエット法としても効果的ですし、生活習慣病の予防、健康維持、ストレス解消、といったように、数えきれないほどの健康へのプラス効果があります。

ますは生活習慣を見直し、毎日の習慣としてウォーキングをおこなうことを通して、健康維持につとめてみましょう。

ウォーキングの人気は以前からありましたが、最近ではよりファンが増えているようです。

その理由ですが、「お手軽」だということにつきます。お金も特別にかからない。

すぐにできるし、道具も必要ない。時間だってマイペースでできますよね。

細かい時間を使って、ストレスの解消にもなるし、おまけに日ごろの運動不足解消にも役に立つし、いいこと尽くめなわけです。

ですから、まずは実際にウォーキングをしてみましょう!!

やってみると、からだがふんわりとして気持よくなってきます。運動のあとは、身体も軽くストレスも軽減されていることに気づくでしょう。

睡眠もちゃんととれるようになりますし、ご飯だっておいしくなりますよね。

長期間でなくても、これぐらいの成果だったらすぐにでも感じられることができるでしょう。

そして、気持ちよくなったら、しばらくは継続することが大切です。

ずっと続けているうちに、身体全体が変わってくるのを感じられるはずです。「長期の効果」も分かるようになるでしょう。

ウォーキングは、特別な時間はいらないのがメリットです。

普段の生活の中でできるだけ歩く機会をつくるように心掛け、ほんのちょっとでもたくさん歩くようにします。

例えば、駅では、エレベータやエスカレータに乗らずに階段を使うようにしたり、外出の場合には、わざと遠回りしてみて、その分余計に歩いてみたりだとか、帰宅する時は、最寄り駅ではなく、ひとつ手前の駅で降りて家まで歩いてみるとかそういったちょっとした工夫だったら、すぐにでもできるのではないでしょうか。

ムリは長続きしません。自分の出来る範囲で行っていく、ということですね。

関連記事

  1. ダイエット

    EMSダイエットの効果・方法

    EMSを使ったことってありますか?良くテレビの通販番組などでも宣伝して…

  2. ダイエット

    アルガトリウムサプリメントは期待するほどの効果なし

    スプリューム(supreme)社製のアルガトリウム(ALGATRIUM…

  3. ダイエット

    藤本憲幸氏が平均寿命もたずに死去していた件

    ヨガや想念術、記憶術といった分野で名前を知られているユーガピアの藤本憲…

  4. ダイエット

    美容液ダイエットシェイク

    楽天通販ランキングで第1位を続けているヘルシーバンクの美容液ダイエット…

  5. ダイエット

    ターメリックダイエットの効果、方法、口コミ

    「ターメリックがダイエットに効果的だなんて?」という声も上がってき…

  6. ダイエット

    納豆ダイエットの効果・方法

    納豆ダイエットとは、納豆を食事に取り入れるダイエット方法です。…

  1. 美容

    ハイドロキノンの効果と副作用
  2. 糖質制限

    豆腐チゲの糖質は
  3. ダイエット

    フェイススリマーの効果
  4. 美容

    二重瞼の方法
  5. 腸内洗浄

    バウエルセラピーの効果
PAGE TOP