アンチエイジング

健康運動指導士とは

動脈硬化や心臓病、脳卒中、高血圧症など生活習慣病(昔の成人病ですね)になるのは、ひとつの要因だけではありませんが、特に大きな要因として、運動不足が原因のひとつと言われています。

スポンサードリンク

この運動不足を防ぐために、生活習慣病の予備軍が毎日ちゃんとした運動をすれば良いのですが、適切な運動をするには、それを指導する専門家が必要になります。

その専門家を「健康運動指導士」といいます。

a0002_012034

昭和63年から当時の厚生省が認定した機関である「(財)健康・体力づくり事業財団」が認定する国家資格です。

健康引導指導士は医学・運動生理学に関すての専門的な知識・技能を持ち、人によって異なる個人の体力や生活に応じて、安全、なおかつ効果的な運動プログラムを作成して、指導する能力と体力を持った人が認定されます。

この健康運動指導士は現在国内では1万人以上いて、主にスポーツジム、フィットネスクラブといったところで活躍していますが、政府は今後の必要性を考えその人数をさらに増やしていく予定です。

健康運動指導士の資格は、保健師・管理栄養士・看護師で、かつ4年制大学卒業以上など、一定の要件を満たしている者の中で講習を受講し、政府が定めた認定試験に合格すれば取得できます。

ただし、この講習のカリキュラムは3ヶ月間(21日間、144時間)にものぼりあり、これら全てを受講して、さらに学科試験にも合格する必要があります。

今後はこれをさらに進めて、体育系大学で必要な単位を修めた者に、
受験資格を認める計画もあがっています。生活習慣病に関する講義や実習を行う体育系大学を「養成校」に指定して、そこの養成校で必要な単位を取得した卒業生は、この資格試験の受験資格も得られるという仕組みです。

超高齢化社会を目前に、健康維持は国民の間でもますます必要性が増してきました。

これからもっとも重要な課題だとも言えるのかもしれませんね。

政府も今後の最重要課題として考えているので、ますます需要は高まってくるものだと思われます。

その意味では非常に将来性がある資格です。

健康運動指導士の求人状況について

健康運動指導士の求人状況についてですが、現在ではそれほど求人情報が豊富にあるというわけでもありませんので、なかなか自分の求めている職場を探すの難しいと感じられる方が多いと思います。

最近になって耳にするようになりだした健康運動指導士、健康運動指導士とは、昭和63年(1997年)から厚生大臣が、養成事業としてすすめてきた認定事業です。

生活習慣病を未然に予防し、健康水準を保持・そして増進する事を目的とし、健やかな毎日の生活を送るために必要になる、安全で効果的な運動指導や、運動プログラムを作成できる人に認定される資格です。

またこれは非常に専門的な資格であると位置付けられ、健康運動指導士の質を上げるため、資格取得は以前に比べると少しずつ困難になってきています。

最近では、生活習慣病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上が合併した状態のことをいい、いわゆるどろどろ血や、動脈硬化を引き起こす要因)にはじまる病気が、日本人の抱える疾患や死因の上位を占めていることがあげられ、それらの症状の予防策や改善策を、食事療法、そして運動療法を中心にして、支えていくのが、健康運動指導士の主な目的です。

現在のヘルシー志向も重なって、健康運動指導士の求人も、このような社会状況の中で、だんだんと増えてきています。

健康運動指導士の活躍の場所も幅広くなってきています。

たとえば、総合病院・診療所、老人福祉介護施設・保険福祉施設、健康増進センタ-、保健所、市町村保健センタ-、アスレチッククラブ、フィットネスクラブ、スポーツセンター、また会社内での健康管理部門でのお仕事などがあります。

健康運動指導士の過去問とは

健康運動指導士の人気の高まり、そしてこれからますます必要とされる資格となっていくということは、前回にも申し上げました。

その健康運動指導士ですが、心臓病をはじめとする生活習慣病・メタボリックシンドロームを予防し、国民すべての健康を、さらに促進させる人材として、注目を集めている資格です。

健康の保持・増進にかかわる正しい知識を持ち、まずは安全で効果的な運動プログラムを個人ごとの状態によって作成します。

その運動プログラムを実際に指導することができる「運動の専門家」です。

健康運動指導士の資格取得には、健康運動指導士養成講習会を受講した後、健康運動指導士試験(現在は年6回東京や大阪で講習会を行っています)に合格し、さらに健康運動指導士台帳に登録する必要があります。

健康運動指導士試験を受けるにあたり、健康運動指導士テキスト、試験問題集・過去問題を重点的に勉強しましょう。

対策としては短期間に、かなりの量の内容を勉強する必要がありますので、試験に合格するためには、効率よく集中をして勉強しなければなりません。
試験内容も実にさまざまです。

1、健康管理概論、
2、運動生理学、
3、栄養と運動、
4、バイオメカニクスと機能解剖、
5、発育・発達・老化、
6、生活習慣病とその予防、
7、運動負荷試験、心電図、
8、運動負荷試験実習、
9、運動障害と予防、
10、健康づくり運動の理論と実際、
11、運動指導の心理学的基礎、
12、運動プログラムの管理、
13、肥満の判定と評価基準、
14、ストレス管理法、
15、体力測定と評価、
16、救急措置などのカリキュラム、

上記の項目で21日間の講習会が行われ、最終日に講習内容に沿った筆記試験があります。

健康運動指導士の講習会について

現在の日本で深刻な問題となりつつある[メタボリック症候群]は、日本人の死因の上位に位置する脳卒中や心疾患など、血管がつまったり、弱くなったり、破れたりすることで起こる、病気の主な原因になります。

それらの症状の予防策や改善策は、色々とありますが、何よりも正しい方法を習慣化することが大切です。

身近ですぐにできることは、適度な運動を習慣化し、運動不足を解消することが一番でしょう。

そういった人々をサポートするのが、健康運動指導士の仕事です。

医学的基礎知識、運動生理学の知識をふまえ、個々人に対して安全かつ、効果的な運動プログラムを作成・指導することが大切です。

資格の取得方法は、まず健康運動指導士養成講習会を受講し、健康運動指導士認定試験に合格したうえで、健康・体力づくり事業財団に登録申請します。

受講資格があるのは、保健師又は管理栄養士の資格を有している者、あるいは4年制体育系大学(教育学部体育系学科を含む)及び医学部保健学科の卒業者(卒業見込者を含む)等々と、一定の要件を満たす必要があります。

健康運動指導士養成の講習会とは、健康・体力づくり事業財団が実施する120単位(保健師、管理栄養士、4年制体育系大学の卒業生、健康運動実践指導者、特定施設実務経験者は、単位免除があります)180時間の講習会です。

内容としましては、健康づくり施策概、健康づくり運動の実際、救急処置、健康管理概論、能解剖とバイオメカニクス、健康づくり運動の理論、運動障害と予防、生活習慣病、運動生理学、体力測定と評価、運動プログラムの管理、運動負荷試験、運動行動変容の理論と実際、運動と心の健康増進、栄養摂取と運動
などがあります。

数は非常に多いですよね。

しかし、これらの知識をつけておくことで、どのようなことに対しても、瞬時に対応ができるようになってきます。

切羽詰まった目的がなくても、健康関連の仕事についている方、または目指している方は勉強しておいても、無駄になることはありません。

実践でも役にたつ資格のひとつだといえます。

関連記事

  1. アンチエイジング

    コラーゲンサプリメントの効果とは

    「お肌がぷるぷるになる」「肌がきれいになって若返った」などとい…

  2. アンチエイジング

    NAKARAI氏のさびとり健康法はどうなのか?

    最近はあまり聞かなくなりましたが、身体のさびを取るとはどういうことなの…

  3. アンチエイジング

    アクティブレストで疲れをとる効果について

    休みの日は何をしてるかで身体の疲労度合いもまるっきり変わってきます。…

  4. アンチエイジング

    マカの効果

    強い男を取り戻せるという「マカサプリメント」。特に中高年の男性に人…

  5. アンチエイジング

    身長サプリメントは効果なし

    「サプリメントを飲んだくらいで身長が伸びるわけないじゃん!」と疑ってい…

  6. アンチエイジング

    人間ドックの料金と費用

    「人間ドッグは受けないと・・・、でも料金、費用が・・・。」健康…

  1. アンチエイジング

    ビール酵母の効果
  2. 酵素

    酵素ドリンクをシュワシュワ炭酸割で
  3. 乾癬

    キムチ乳酸菌の乾癬、アトピーに対する効果って?
  4. ダイエット

    有酸素運動から始めよう
  5. 美容

    目の整形
PAGE TOP