アンチエイジング

健康診断の料金の相場って?

健康診断の料金は、一概には言えませんが、健康診断は基本的に健康保険適用外のため、思ったよりも高い費用がかかってしまいます。

会社勤めをしている人は年に一度会社で健康診断を受ける機会があるかもしれません。

スポンサードリンク

基本的に、会社が人間ドックや健康診断にかけた費用は福利厚生費で処理(特定の者だけを対象としない事、検診料や検診内容が通常必要であると認められる範囲内である事、検診料の支払が会社から医療機関に直接行われる事が条件)します。

a0003_001745

しかし、家庭の主婦やお年寄り、学生などは自分でお金を払って自主的に受けないと行けないので、料金はとても気になる所です。

一般の健康診断は、だいたい4,000円~10,000円くらいの範囲のものがほとんどでしょう。

ただ、どの病院や診療所や保健所で受けるかという施設の違いや、加入している健康保険の種類、住んでいる地域によっても違ってきます。

受診者の年齢によっても、健康診断の検査項目は変わってきます。

若い時は受けていなかった癌検診や胃の内視鏡検査、また血液検査の内容がさらに細分化されたチェック項目になっていたりと、年齢を重ねる毎に検査項目が増加していきます。

そうすすると当然値段も高くなるわけです。

中高年になって、もっと本格的に調べたい、細かいところまで検査しておきたい、というときに利用されるのが、「人間ドック」です。

また、脳こうそくや脳動脈りゅうの兆候を調査する「脳ドック」や、ガンの発見を早期にできるめに行う「がん検診」など、特定の病気に対して検診ができるものもあります。

年齢に応じて、あるいは特に気をつけなければいけない病気によっても、あなたに必要なものを選んで受けることが必要でしょう。

健康診断のお金なんて払いたくはない・・・。そう思っている方もいるかもしれません。

しかし、健康はお金には決して変えられるものではないことを認識していただきたいのです。

大きな病気が定期的に行っている健康診断で発見され、事なきを得たケースもたくさんあります。また、悪い生活習慣を指摘されて、見直す経緯になった方もいらっしゃいます。

この健康診断の出費がそのあとの大きな助けをしてくれるといっても過言ではないのです。

健康診断結果のチェック項目とは

健康診断はあなたの人生を左右するものだといっても過言ではありません。

定期的に受信することは、計り知れないメリットを与えてくれます。

健康診断は、病気の早い段階での発見、早期の治療の他、検査結果から数値を比較することで、身体が発している危険信号が察知されることで生活習慣の改善を促し、病気を予防するといった大きな役割をもっています。

現在では、たくさんの人が健康管理のために定期的な健康診断を受診していますが、送付されてきた結果表の内容の数値って私たちにはわかりづらいですよね。

それは皆さん同じように読み取ることが難しいらしく、本来果たすべき目的をしっかりと果たせていない方がほとんどのようです。

基本的な健康診断でも検査項目は実にたくさんありますからね。

例えば、次のようなものです。

身長・体重・視力・聴力、既往歴・業務歴、自覚症状・他覚症状、
血液検査では、赤血球、血色素、白血球、血液像、血小板、血中脂質、血糖、尿・便検査では尿蛋白、尿潜血反応、尿糖、尿酸、便潜血反応など、超音波、眼底・眼圧、心電図、婦人科検査、画像診断検査では胸部エックス線、胃・十二指腸のエックス線撮影、喀痰検査、血圧、肝機能、

と、実に数多くの検査項目がずらーっと並びます。

高血圧や糖尿病、高脂血症、心臓病などのメタボリックに関連する生活習慣病や、成人病を予防する意味でも、なるべく早期の段階での発見を主な目的としてるので、胃癌、女性の乳がんなどの早期発見には検査が十分ではない面もあります。

この為、区や市町村と保健所が連携して、早期発見を目的とした癌検診などを実施しています。

診断結果、「基準外」に該当した場合に、精密検査および医療機関での受診は、もちろん重要ですが、いずれの場合でも、返ってきた検査結果を正常値と見比べて、異常のある項目に関しては精密な検査を受けたり、ドクター、専門家のアドバイスに従い、毎日の生活に気を配ることで、少しずつでも良くしていくことが何より重要です。

特殊健康診断とは

特殊健康診断とは、文字通り一般の健康診断とは異なったものを持っています。対象者は、職場の環境が一般的ではない、つまりその環境が身体に対してのダメージが大きいというような状態ですね。

特殊な環境の下で働く人々が、その就労する業務が体に害を及ぼす恐れも十分に起こり得るので、その場合、より厳重な健康管理が必要とされます。

そのため危険有害業務に従事する人々を対象に実施されるのが、特殊健康診断です。

それぞれ、法令に基づいたり、行政指導を受けたりしながら、所定期間ごとの受診が義務となっています。法令で定められている以下の8種があります。

じん肺健康診断、有機溶剤健康診断、鉛健康診断、
特定化学物質等健康診断、
四アルキル鉛健康診断 、歯科健康診断、電離放射線健康診断、
高気圧業務健康診断、

といった種類です。

名称を見ただけで、身体に対しての影響が大きい仕事、というものが何となく想像できますよね。

その中でも、じん肺は、3年に1回健診。
特殊健康診断個人票は、エックス線フィルムとともに7年間保存。
鉛・有機溶剤は、1年に2回健診。特殊健康診断個人票は、5年間の保存が義務付けられています。

また、
「VDT作業」パソコン、ワープロ操作などのVDT作業に常時従事する労働者、
「騒音」等価騒音レベルが85dB(A)以上になる可能性が大きい、60作業場の業務に従事する労働者、
「腰痛」重量物取扱作業、障害児(者)施設等における介護作業、
腰部に過度の負担のかかる立ち作業、同腰掛け作業、同座作業、長時間の車両運転などに従事する労働者などは、
行政指導により行われることが奨められています。

その他にもありますよ。高熱作業・キーパンチャー・有害光線等も、法令・行政指導に基づく健康診断を実施しています。

なお、平成18年からは一時期ニュースでも取り上げられた、石綿「アスベスト」取扱者に対しても、石綿障害予防規則に基づく健診が、義務づけられるようになりました。

やはり健康のためにも、確実に実施なされることが大切です。

関連記事

  1. アンチエイジング

    肝機能を改善するサプリメント

    色々なサプリメントが発売されていますが、肝臓に対して効果のある肝臓サプ…

  2. アンチエイジング

    サプリメント通販の注意点

    ネットでもサプリメントの通販が年々増え、気軽に購入できるようになってき…

  3. アンチエイジング

    高血圧(メタボ)の食事療法

    日常生活や食生活を見直すだけでも高血圧予防をすることは可能です。…

  4. アンチエイジング

    NAKARAI氏のさびとり健康法はどうなのか?

    最近はあまり聞かなくなりましたが、身体のさびを取るとはどういうことなの…

  5. アンチエイジング

    サプリメントランキング

    現在、様々な種類のサプリメントが沢山販売されていますので、どのサプリメ…

  6. アンチエイジング

    アクティブレストで疲れをとる効果について

    休みの日は何をしてるかで身体の疲労度合いもまるっきり変わってきます。…

  1. ダイエット

    デューク更家の健康ウォーキングとは
  2. ダイエット

    インスパイリングダイエットの効果
  3. 美容

    フェザーリフトの失敗の前に
  4. 糖質制限

    川崎ステーキセンター
  5. ダイエット

    ビエナゼリーライブラリー
PAGE TOP