乾癬

スターリミルクサステナは乾癬にもアトピーにも効果なし

スターリミルク「サステナ」という免疫ミルクがあります。

免疫ミルクと名前の粉ミルクなのですが、なんでも免疫力を高める効果があるそうです。

免疫ミルクの実際の評判はどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

■栄養成分ついて

1袋(20gあたり):エネルギー71kcal 、たんぱく質7.7g 、脂肪0.2g 、糖質9.7g 、ナトリウム76mg 、カルシウム274mg 、ミルクIgG(ミルク抗体)96mg

上記にあるようにおよそ50%が糖質ですね。
残念ながら身体に対するプラスよりもマイナス面が大きくなります。

低脂肪もウリですが、病気を治すうえではそれはメリットにはならないです。

タンパク質は7.7gあります。タンパク質不足の人にとっては、病気を改善する力になりますが、高濃度プロテインと比べると半分もなく、免疫ミルクならではのメリットもありません。

ミルク抗体で改善すると思われている方も多いようですが、糖化、酸化の進んだ体には特に病気を回復させるまでの力には至りません。

■味について

スキムミルクと同様です。

このままだと飲みづらいですが、

■国産192ミルクについて

最近では、国産192ミルクの方がサステナと比べて、価格が安いということで、購入される方が多いようです。

スターリミルクと比べると、激安、格安とまではいえないまでも、やや安い値段で購入できるので、リピートされる方にとっては、やはり安い価格で購入したいのでしょう。

国産192ミルクは値段的には安いですが、スターリミルクと味、効果や効能は同様なので、(ミルクグロブリンGが192mg含まれているそう)

最近では乗り換えての購入者がけっこういます。

■副作用はどうなの?

飲み続けることによる副作用はありません。

多量に飲んだ際に、お腹がゆるくなるぐらいでしょうか。

ただし、糖質が多いことを考えると、大量に飲むことはおすすめしません。

■免疫ミルクを使用したうえでの結論

10か月使用しましたが、尋常性乾癬にはまったく何の改善もみられませんでした。
アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症にも効果はないでしょう。

単体で免疫をアップさせるのは難しいです。

糖尿病、リウマチ、癌、関節炎、膠原病、これらは治らないです。

関連記事

  1. 乾癬

    キムチ乳酸菌の乾癬、アトピーに対する効果って?

    よく乳酸菌がアトピー性皮膚炎や、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症に対して効果があ…

  2. 乾癬

    腸内洗浄の効果は限定的

    乾癬やアトピーの原因が外にあるのではなく、内、それも腸に問題があるので…

  3. 乾癬

    テアテマンドールの効果

    考案された先生(てあて師三戒堂水宝氏)が札幌で施術をおこなっていますが…

  4. 乾癬

    セイタカアワダチソウの入浴剤でアトピーや乾癬への効能は?

    セイタカアワダチソウが花粉症やアレルギー、中でもアトピーや乾癬などの皮…

  1. ダイエット

    ダイエットスリッパ
  2. ダイエット

    ターメリックダイエットの効果、方法、口コミ
  3. 糖質制限

    シュガーレス、ノンシュガーに注意
  4. ダイエット

    オートファジーサイクルとは?
  5. 糖質制限

    ツナ缶の専用スプーン「ダイヤ ツナトモ」が意外に便利だったりする
PAGE TOP