美容

ハイドロキノンの効果と副作用

ハイドロキノンは、美白効果のある物質で、欧米ではポピュラーなものです。

なお、日本では、アルブチンやビタミンC誘導体が使われています。

別名、「肌の漂白剤」や「肌の脱色剤」とまでいわれています。いかに強力な美白効果を持っているかがこの別名でお分かりだと思います。

ハイドロキノンは、シミやくすみの原因であるメラニン色素を作る色素の働きを抑える作用をし、肌を白くするのです。

スポンサードリンク

ただそれだけの力を持っているということは、良いところではなく、反面の部分も強いということです。つまり逆の副作用もあるということです。

ハイドロキノンはとても強い効果を持っているので、肌の弱い人にはあまり適していません。比較的肌の強い人ですら、長期に及ぶ使用は避けた方がいいです。

ハイドロキノンの副作用には、肌が漂白されたように白くなりすぎ、むらになり白斑になったり、炎症を起こし赤みを帯びたりした例があります。使いすぎは絶対に禁物です。

エステサロンや美容クリニックでは、ハイドロキノン軟膏のクリーム状のものが多く使用しています。

しみやそばかすを除去したり、乳首の色を薄くしたり部分ごとに使います。

大量のハイドロキノンを塗布することは絶対に避けたほうがいいです。

また長期間の使用もハイドロキノンの副作用の危険性を高めてしまうので避けます。

日本においてハイドロキノンは、本来皮膚科などでしみを治療する医薬品で使用されていました。

近年の薬事法の改正により、化粧品にも配合することが可能になり、ハイドロキノン成分を含んだスキンケア化粧品が市販されるようになりました。

市販のしみ対策のスキンケア化粧品に配合されているハイドロキノンは低濃度なので、まだ安心ですが、ハイドロキノンの使用は医師の定期的な診断が望ましいといえます。

また、ハイドロキノンには、安定型のハイドロキノンが開発されました。

副作用が少なく、安全性を考慮したハイドロキノンです。

しかし総合的に考えると、ハイドロキノンを長期に渡って使っていくことはおすすめできません。

関連記事

  1. 美容

    ファンケルのサプリメント

    サプリメントブームになっていることによって色々なメーカーがさまざまな効…

  2. 美容

    セルライト除去は自宅でできる?

    女性にとって、「むくみ」は何よりも嫌なものではないでしょうか。…

  3. 美容

    レディエッセの危険性と副作用

    レディエッセは、ヒアルロン酸注入と同じように皮膚に注入する物質です。…

  4. 美容

    コバラサポートの腹もち効果はどれぐらい?

    真鍋かをりさんのCMでちょこちょこ見かけるのが、コバラサポート。ネーミ…

  5. 美容

    顔のたるみ解消エクササイズは効く?

    顔は第一印象を決める大切な部分です。加齢とともに、顔のたるみは…

  6. 美容

    山崎友里江さん

    室蘭のNHK契約アナウンサーの山崎友里江さん。ウェザーニュース…

  1. ダイエット

    ヨガダイエットの効果・方法
  2. 糖質制限

    豆腐チゲの糖質は
  3. ダイエット

    ジョギングでやせるダイエット
  4. ダイエット

    おからと豆乳のダイエット用クッキー
  5. 糖質制限

    噛み応えのあるものを
PAGE TOP