美容

顔のたるみ解消エクササイズは効く?

顔は第一印象を決める大切な部分です。

加齢とともに、顔のたるみは表れることは自然なのですが、たるみは見た目的に「老い」を感じる大きな要素になります。

できるだけ若々しく健康的にいられたら、それに越したことはないでしょう。

スポンサードリンク

顔のたるみは、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸の低下などが原因で起こります。

また、体の老化と同じように、筋肉の低下もたるみの原因になります。

顔のたるみは、顔のエクササイズで改善できます。

感情を作る顔の筋肉ですが、普段の生活ではその表情筋は30%程度しか使っていないそうです。

残りの70%の筋肉を効果的に動かすエクササイズをすれば、顔のたるみの解消、またはたるみの防止になります。

顔の運動には、さまざまなやり方があります。

顔のたるみに効果的なエクササイズ時に使用する専用のクリームもあります。

もちろん、洗顔後に化粧水をつけるときに行ってもいいでしょう。

エクササイズの具体的な方法は、書籍やインターネットに多く紹介されています。自分に合ったエクササイズを探してみましょう。

ペットボトルを利用した顔の筋肉の体操では、ペットボトルの中の空気を吸引する方法や、少量の水で重りをつけ、口で咥える運動があります。

また、顔のたるみ改善に効果的なツボもあります。

いずれも顔のたるみの改善、防止だけではなく、ストレス解消や美肌に良い影響があります。

入浴中や洗顔後のお手入れの時など、毎日続けて行えるエクササイズがおすすめです。

■目の下のたるみ

目のたるみは顔の表情の中でも、年齢を感じやすい部分ではないでしょうか。

加齢とともに、皮膚内のヒアルロン酸やコラーゲンなど健やかな肌を保つ物質は減少し、たるみが表れることは自然なことです。

でも、目のたるみを改善し、見た目の印象を若返らせることは、女性ならずとも男性にも望まれていると思います。

目のたるみの原因により、目のたるみの解消方法は異なります。

まず、ヒアルロン酸やコラーゲンなど肌のはりを保つ成分を補う方法があります。
毎日の洗顔後に、たるみ改善の効果がある化粧水や美容液などの化粧品でお手入れしましょう。

皮膚の乾燥もたるみの大きな原因なので、保水、保湿効果の高い化粧品がおすすめです。

目のたるみの改善だけではなく、防止にもなります。

また、日ごろから紫外線対策を行うことも大切です。
紫外線は皮膚内に活性酸素を作り、肌の酸化、老化につながります。

特に目の下の皮膚は薄いので、紫外線の影響も大きくなります。
また、まだ若年の場合の目のたるみには、目の疲れが原因かもしれません。

疲れ目は血液循環がよどみがちになり、代謝も鈍くなっています。
特に、睡眠不足は顕著に目のたるみやクマに表れてくるものです。

充分な睡眠と、栄養バランスが取れた食事を心がけましょう。
また、マッサージや、目のエクササイズも目のたるみの解消に効果的です。

一時的な目のたるみではない場合は、レーザーでの美容手術で目のたるみを解消する方法があります。

美容を気にする女性はもちろん、近年ではサラリーマンなど男性の相談が増えているようです。

■頬のたるみの原因と解消

頬のたるみはフェイスラインを崩し、年齢を感じさせてしまうものです。

特に女性には若い年代でも、頬のたるみは肥満の印象も感じさせるもののようです。

頬のたるみは加齢とともに表れる自然なものと考えられますが、そうではないこともあるのです。

なので、頬のたるみは改善できるといってもいいでしょう。

頬のたるみは、顔の表情をつくる表情筋の衰えが原因で起こります。
筋肉は鍛えることによって引き締まり、頬のたるみは解消されます。

具体的な頬のたるみの改善方法には、頬のエクササイズがあります。
通常の生活で使う表情筋は30%程度だといわれています。

普段使わない表情筋に衰えがくるのは、仕方がありません。
その残りの70%の筋肉を鍛える運動を行います。

エクササイズにも色々な方法があると思いますが、よく知られるエクササイズに次のようなものがあります。

唇をすぼめて空気を吸います。
ストローを強く吸うようにし、5秒間状態をキープします。

そのとき、頬のくぼみを意識しましょう。
次はその逆で、頬に空気を溜め込みます。

口全体が風船のように膨らむようにして、5秒間その状態をキープします。

このときは、頬が左右対称になっているか確かめましょう。
最初は鏡をみて行うことをおすすめします。

また、マッサージも効果があります。

洗顔後に、たるみ予防の効果がある化粧品などで行うと一層効果があがるでしょう。

エクササイズもマッサージも持続することが、頬のたるみ改善、予防に一番重要です。
入浴中などに行うなど自分に合ったリズムをみつけ、毎日続けましょう。

■しわ・たるみ対策と改善、解消法

肌のしわ、しみ、たるみは、年齢を感じさせる美容の大敵です。

加齢とともに肌の老化は進むので、自然なことですが、なるべく若々しい肌を望むことは当然のことだと思います。

しわの主な原因は、肌の老化による肌機能の低下です。

紫外線は肌のはりを保つコラーゲンなどの物質を壊し、活性酸素を発生させます。
また、肌の乾燥で、角質層の表層が剥がれやすくなり、その隙間からさらに乾燥しやすくなる悪循環になります。

なるべく紫外線を避け、また防止する対策をすることがしわの改善、予防になります。

たるみにも同じようなことがいえますが、表情筋を鍛えるエクササイズによって改善できます。

しわやたるみの解消には、化粧品による美容成分の補給が簡単ではないでしょうか。

化粧品には、しわやしみ、たるみの改善効果がある化粧水、美容液などが多く市販されています。

顔のマッサージもかねて、そのような化粧品でお手入れすることをおすすめします。
しわやたるみは短期間に発生するものではなく、長期間にわたってゆっくり表れるものです。

毎日の肌のお手入れが、しわやたるみの予防に一番重要になるでしょう。
肌を清潔にした洗顔後や入浴後は、肌のお手入れの最も適切な状態です。

水分や栄養分を補い、浸透した水分をキープする保水力を高めるようにしましょう。

また、肌のしわやたるみは生活習慣にも大きく影響を受けます。

睡眠不足や食生活の乱れ、喫煙などでもしわやたるみの原因になるので、気をつけましょう。

■あごのたるみを解消

あごのたるみは、顔のたるみの中でも目立ち、また年齢を印象付けるものでしょう。
あごは脂肪を蓄えやすいところでもあるので、たるみがでやすいともいえます。

「二重あご」の言葉が定着しているのも、たるみに悩む人が多いからでしょう。

加齢につれ表れる老化現象ともいえますが、あごのたるみは改善できることもあります。

あごも頬のたるみと同じで、表情筋の衰えが原因の一つにあげられます。

あごのたるみの解消法に、表情筋を鍛えるエクササイズがおすすめです。
ものを食べたり、話したりと結構筋肉を使っているように思いますが、普段は使わない筋肉が多いのです。

あごのたるみの解消エクササイズにも、色々あると思いますが、舌を大きく出す、口の開閉の運動が多くあると思います。

一例に、座った状態で天井を見るように頭をそらし、口を大きく開け、同時に舌をできるだけ長く出すポーズをとります。

数秒その状態をキープした後は、ゆっくりと元に戻します。
このエクササイズはあごと同時に、首のエクササイズにもなります。

1日に10回ほど行います。

また、母音の発音を大げさに大きく行うことも、口や顎の運動になります。
さらに、基本的なことなのですが、よく噛んで食事をすることも大切です。

食生活の欧米化により、硬い食べ物を摂取することは減っています。
咀嚼回数を意識的に長くすることも、ちょっとしたエクササイズになります。

表情筋の運動により、筋肉のひきしめや代謝の活性化をうながし、たるみの解消だけではなくさまざまなよい影響も期待できます。

後年にできるたるみ予防にもつながるので、毎日持続していくことが肝要になるでしょう。

また、代謝の滞りで脂肪がたまり、あごのたるみになることがあります。

健康的な食生活や適度な運動はもちろんですが、あごのむくみを解消するマッサージもおすすめです。

■お肌・たるみの原因を防止しよう

肌のたるみは早い人では30歳代には感じ、40歳を過ぎるとほとんどの人が感じるものではないでしょうか。

肌のたるみ予防や美容に気を配りお手入れをしていた肌でも、年齢を感じることは自然なことでしょう。

また、紫外線を多く浴びている人や、日ごろのお手入れが万全ではなかった人は特に感じるものかもしれません。

肌のたるみを感じたら、そのときから対策を行いましょう。

また、肌のたるみを感じない人も早めの予防を講じましょう。
肌のたるみは肌の老化による肌機能の低下が原因です。

その要因には、紫外線、乾燥が主にあげられます。
紫外線は肌にハリを保つコラーゲンを劣化させます。

肌は保水力が低下し、乾燥しやすくなります。
弾力をなくし、ハリが損なわれ、つまりたるみが発生するわけです。

肌のたるみの対策は、紫外線の防止、乾燥をふせぐことが重要です。
そして肌に栄養分を補給することも大切です。

コラーゲンやヒアルロン酸、またはその発生を誘導する物質を含んだ化粧品でお手入れしましょう。

近年では、たるみの改善、予防に効果がある化粧品が多く市販されています。

また、同じような効果があるサプリメントもあります。
体の内側から、栄養分を摂取することも効果的です。

それと同時に、食事による栄養バランス、健康的な生活習慣にも気を配りたいものです。

また、若い女性を中心に無理なダイエットによる肌のたるみもあります。

水分をしっかり補給する健康的なダイエットをしたほうがいいでしょう。

関連記事

  1. 美容

    ヒアルロン酸注射の料金・副作用

    ヒアルロン酸は主に化粧品にも使われています。美容整形で使用され…

  2. 美容

    【体験談】一日一万歩ダイエットで成功

    40代の主婦です。30代までは太りにくく、ダイエットはあまり必要なかっ…

  3. 美容

    二重瞼の方法

    くっきりとした二重まぶたにしたいという女性の方は多いと思います。…

  4. 美容

    しゃぶしゃぶ食べ放題は糖質オフ管理に最適

    糖質制限をおこなっていると、一般のラーメン店やパスタ、牛丼店などに入る…

  5. 美容

    砂糖依存症

    砂糖依存症(さとういぞんしょう、Sugar addiction、甘いも…

  6. 美容

    コメカミ形成

    コメカミの美容整形についてです。コメカミをコンプレックスに思っている人…

  1. ダイエット

    Wii fitダイエット
  2. アンチエイジング

    メタボリックシンドローム予防のために健康診断を
  3. 酵素

    酵素でダイエットに成功した有名人
  4. ダイエット

    インスパイリングダイエットの効果
  5. ダイエット

    デューク更家の健康ウォーキングとは
PAGE TOP