美容

ヒアルロン酸注射の料金・副作用

ヒアルロン酸は主に化粧品にも使われています。

美容整形で使用されるヒアルロン酸は、特別な成分ではなく、人間の皮膚の一番下の真皮層にもともと存在している成分なのです。

このヒアルロン酸があるおかげで、人間の肌はみずみずしさを保ちつつ、弾力のあるはりのある肌を維持していけるのです。

スポンサードリンク

このヒアルロン酸、生まれて間もない赤ちゃんや子供はたっぷりと作られています。赤ちゃんのぷるんぷるんのお肌を見てると分かります。

これが年月を経て、だんだん年をとっていくにつれて、ヒアルロン酸が減ってしまい、ついにはなくなってしまいます。ヒアルロン酸がなくなると、老化が進んで肌は老けてかさかさになってしまいます。

もちろん女性として、そんな肌はいやでしょう。

そんな時のことを考えて、今から若返りしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

ヒアルロン酸注入をすれば減ったヒアルロン酸を注入することになりますから、シワなども消すことが出来て見た目にもずいぶん若くなった感じを与えることができます。

ヒアルロン酸注射はどのような部分に注射するのかについてですが、例えば笑ったときに特にくっきりと目立ってしまうような目じりのしわであったり、深い眉間のしわなどにも効果があるといわれています。

あとは若い人は、かなり悩んでいると思いますが、にきび(ニキビ)の痕にも効果があるといわれています。

ヒアルロン酸注入は眼の下のクマにも効果があります。

眼の下のクマに悩まされている人はこれで解消することもできるようになります。

トータル的に考えても美容整形のヒアルロン酸注入は、かなりの効果を実感できる若返りの美容整形の”妙法”といってもいいかもしれません。

ヒアルロン酸注入は、アレルギー体質、敏感体質でそういった成分の注入は出来なかったという人でも、受けることが可能であるケースが多いです。

おまけに注射はほとんど痛みがありませんし、注射後の傷痕も残りません。美容整形の中でも、比較的試しやすい部類に入ると言えるでしょう。

■様々なものに使われています

ヒアルロン酸は、アミノ酸の一種で高い保水力が特徴です。

ヒアルロン酸は肌の真皮に多く存在する成分で、潤いを保持する性質があります。

その保水効果は、肌にはりを与えアンチエイジング効果が絶大です。

シャンプーやボディソープ、美容液など、ヒアルロン酸を肌に直接つける化粧品が多く販売されていますが、特に洗顔後に最初に使う化粧水に配合したヒアルロン酸化粧水が人気のようです。

特に、ヒアルロン酸の効果を助長するコラーゲンやビタミンC、セラミドを同時に補うと、美肌、美白効果も倍増になるようです。

ヒアルロン酸化粧水は、多くの化粧品メーカーが製造・販売していますが、手作りすることもできます。

手作りのヒアルロン酸化粧水は口コミで広がり、その作り方も公開されています。

一般的なヒアルロン酸化粧水の作り方を紹介します。

100mlのヒアルロン酸化粧水では、精製水90mlに、グリセリン5ml、ヒアルロン酸2,3ml、
少量の精製油を入れて、よく振り混ぜます。

ヒアルロン酸化粧水のベースにハーブなどの効果を加えたり、香り付けを行ったりします。

手作りのヒアルロン酸化粧水はもちろん、保存料は添加しないので、長期間の保存は効きません。

容器を煮沸消毒する、大量に作らないなど、注意が必要です。

また、肌に合わないと感じたり、できものができたりした場合などは、使用をやめましょう。

■ヒアルロン酸を補う

ヒアルロン酸は人間の体内に存在する物質です。

特に、皮膚の真皮や関節に多く含み、高い保水効果がよく知られています。

ヒアルロン酸は、肌の弾力やはりなど美肌に深く関係していますが、膝などの関節の動きをスムーズにするなど健康的な生活に深くかかわりがあります。

赤ちゃんの肌がつるつるなのは、ヒアルロン酸がたっぷりあるからです。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少し、しわやたるみなど肌のトラブルや、関節痛などの原因になることもあります。

特に40歳代以降は、ヒアルロン酸の減少は著しいものになり、アンチエイジングの敵になるでしょう。

美容目的などで、ヒアルロン酸注入で必要なヒアルロン酸を補うことができます。

ヒアルロン酸注入は、ゲル状のヒアルロン酸を、肌や関節などに直接注入します。

肌のしわやたるみにヒアルロン酸を補い、水分を蓄えるクッションの役目をします。

額のしわや目じり、鼻の脇のしわ(ほうれい線)などに効果があります。

アンチエイジングだけではなく、鼻や顎などを部分的に整形する目的でもヒアルロン酸注入を行うことも多いようです。

ヒアルロン酸は、元来人間の体内に存在する物質なので、ヒアルロン酸注入でアレルギー反応などの副作用の心配はありません。

ヒアルロン酸注入は、多くの美容外科や美容クリニックで受けられます。

ヒアルロン酸を注入する箇所によってヒアルロン酸注入の料金は異なることが多いようです。

2,3万円から10万円前後など、クリニックにより料金の差がありますが、失敗しないように口コミなど参考にしてもいいでしょう。

関連記事

  1. 美容

    切らないフェイスリフトで失敗率を下げる

    美容整形の若返りは何種類もあります。これだけ若返りが注目されて、美容整…

  2. 美容

    エラスチン(サプリメント・食品)の効果と副作用

    エラスチンとは、肌の真皮で働くたんぱく質のひとつで、コラーゲンと同様に…

  3. 美容

    炭酸水を楽しんでみる

    お酒を飲む時もそうですが、良く飲まれている酵素ドリンクにもいろんな割り…

  4. 美容

    【体験談】一日一万歩ダイエットで成功

    40代の主婦です。30代までは太りにくく、ダイエットはあまり必要なかっ…

  5. 美容

    マイクロリポサクション法

    マイクロリポサクション法についてのお話です。マイクロサクション法??…

  6. 美容

    塩レモンの作り方が簡単すぎて美味しいので、冷蔵庫に常備しておいていいレベル

    塩レモンにハマっているという人が最近多いようです。もともと万能調味料と…

  1. 美容

    脂肪溶解注射の顔への効果
  2. ダイエット

    水泳でやせるダイエットの効果
  3. 美容

    ビジュアライズエンザイムジンジャー
  4. アンチエイジング

    サプリメントアドバイザーの資格取得
  5. 糖質制限

    明星のローカーボヌードル
PAGE TOP