糖質制限

フルータリアンは単なる砂糖中毒の言い逃れに過ぎない

フルータリアン(フルーティアン、Fruitarianism、果食主義)とは、フルーツを主食とする生き方のことです。

中には、肉を食べたり、穀物を食べる人もいますが、厳格にフルーツのみ、というスタイルを守っている人もいるようです。

日本語だと、「果実食主義」ですが、フルータリアンの方がよく使われています。

スポンサードリンク

菜食主義から発展し、動物性食品(肉、魚、乳製品、卵など)と植物の命を奪うことをよしとしないので、根菜類、穀物に関しても食べません。

究極的には地面に落ちた果実のみを食するのが真のフルータリアンなんだそうです。

日本には、厳格なフルータリアンはほとんどいませんが、海外には存在するようです。

いろんな食事主義の方がいますし、本人の考えであればそれは尊重されるべきですが、フルータリアンは身体にとって、一番悪い食べ方です。

あるところで、「子供の発達の過程においては、必須栄養素が不足するので注意してください。」

といわれたそうですが、そんなこと当たり前です。

子供どころか、大人だって健康に支障をきたしてしまいます。

フルーツ=糖質・砂糖の固まり、です。

それもフルーツを主食にしているといったら、いかにも健康そうでかっこよくみえるというだけのことです。

だから余計に始末が悪い。

玄米菜食、マクロビオティックを厳密に行っている人と同様、厳密な果実食を長期間続けていると、肌はカサカサ、年齢よりもはるかに老けて見えます。

(若く見えるフルータリアンは、まだ果実食の期間が短いか、人の目につかないところで肉や魚といったタンパク質を食べています)

自分たちは、「身体がフルーツを欲しがっている。身体の自然な欲求に従うべきだ」

などといいますが、果実食主義のそれは、本来の身体の欲求ではなく、ニセの中毒的欲求を身体の自然な欲求だと勘違いしているのです。

自分たちが単に「砂糖中毒」に陥っているだけにすぎません。

フルーツが主食で健康になるということは、絶対にありません。

関連記事

  1. 糖質制限

    ツナ缶の専用スプーン「ダイヤ ツナトモ」が意外に便利だったりする

    ツナ缶は糖質制限をおこなうにあたって、外せない商品です。中には、主食に…

  2. 糖質制限

    ビーレジェンドプロテイン

    人気が高まっているのが、ビーレジェンドプロテイン。複数の味をさっそく試…

  3. 糖質制限

    豆腐チゲの糖質は

    韓国料理は比較的糖質が高いものが多いのが難点ですが、丸大食品のスンドゥ…

  4. 糖質制限

    大豆麺ソイドルを通販で購入してみた

    ソイドルという糖質制限派にとって強い味方となる大豆麺があります。小麦粉…

  5. 糖質制限

    糖質ゼロチョコレート

    糖質をしっかりとおさえたチョコレートロッテゼロ。「糖質を控えて…

  6. ダイエット

    おからだから

    グリコから販売されている「おからだから」。「からだよろこぶしっ…

  1. 酵素

    ファスティングデーツDXの効果
  2. ダイエット

    【体験談】ジャンピングスクワットで体重が大きく落ちた
  3. 糖質制限

    春雨を糸寒天に置き換え
  4. アンチエイジング

    人間ドックの料金と費用
  5. ダイエット

    美容液ダイエットシェイク
PAGE TOP